2010年11月12日

Dragon Age:originが来年1月27日に発売される件!

dragon-age-origin.png
このゲームかつて、海外から購買で、最後までクリアしたが、おそらくPXSUC・RPGゲーム史上、ベスト3の一つになると確実に言える、RPGです! そして、次世代機で出た、RPGの中では、間違いなくナンバーワンであると断言できる。 戦闘は面白いは、ストーリーは魅力いっぱいで、キャラは良くしゃべるし、台詞も最高だし、とにかく完成度これほど高く、しかも斬新で、などなど、その魅力は語りつくせないほど素晴らしいRPGだという事は認めます。 ある意味、もう日本のRPGはこ..
posted by ヒ゜クサック at 04:28

2009年12月16日

ドラゴンエイジ・オリジン・9thインプレッション

dragonageorigin8th.jpg
所要時間75時間になろうとしています。 物語は、最終局面の舞台に移る丁度手前で、セーブと言うところで8thインプレッション。 面白いので、やめることが出来ません。  ストーリーもぐいぐい引き込み、ナント言ってもバトルが、前代未聞の面白さ。 よく出来てる。こんなの初めてです。 どうしても勝てないと思えるボス戦も、工夫次第で勝てる、ぎりぎりの戦闘が、このゲームの一番すごいところで、満点を余裕で上げることが出来るほど。 かつてなかった、充実したバトルが..
posted by ヒ゜クサック at 07:06

2009年12月07日

PXSUC・最新ゲーム事情報告

FF13が、海外からの輸入発注が、過去、日本のゲームの中で、一番多いという発表が、プレイアジアからありました。それはそうと、アマゾンでFF13の予約は10000円以上に値段が跳ね上がってます。PXSUCは早めでよかったがそのときでさえ、500円も上乗せされていた。 これだけの人気なので、海外のファンも来年3月の発売まで待てないようですね、きっと。  日本語でもいいから買ってしまえというわけかも。人気の程が伺える。 また海外では、FF13が2009ゲームオブザイヤー..
posted by ヒ゜クサック at 01:14

2009年12月06日

ドラゴンエイジ・オリジン・秀逸バトル紹介ビデオ込み8thインプレッション

今回は、オズマというドワーフの街のクエストで、先に進めなくて悩んでいたのがやっと解けて、進めたところでのインプレッションです。   きっかけはドワーフの酒場に行けばストーリーが発展するということでした{こんなことで、1時間以上も迷っていたorz}。それで再び深いダンジョンワールドで至福の戦闘が出来るというので、やる気百倍で挑むことに。 ドワーフ街の2つの勢力の権力争いの真っ只中でのクエストは、迫力もあり、大変。 取り合えず、貧民外のあるドアから、深いダンジョ..
posted by ヒ゜クサック at 06:03

2009年11月29日

ドラゴンエイジ・オリジン・7thインプレッション

dragonage7th.jpg
所要時間40時間を経過で、”ボスKolgrim”を撃破。   前回、YouTubeの攻略が鍵になりました。     モリガンの攻撃魔法で後ろにいる2人の敵回復魔法使いを翻弄して撃破した後は、ウエインの回復&蘇生魔法で耐え忍びました{モリガンで少し戦った後、ウエインはすぐにパーティーの後ろの方に移動させることを忘れないこと・・・敵戦士に囲まれて袋叩きにあいます}。   残りの2人で物理攻撃の連打で、敵ファイターを倒した後、ボスをしとめました。 これで気づいたこ..
posted by ヒ゜クサック at 09:04

2009年11月28日

ドラゴンエイジ・オリジン・6thインプレッション

dragonAimpre.jpg
前回悩んでいた、ボス・Uldredは、やはり、Litany of Andralla書を使えば勝てました。それから、延々とハマリ、クエストも10ほどクリアして、所要時間35時間経過で、物語の真ん中辺りか・・・。   あれからも、サブクエストのボスたちがとにかく強くて、クリアできないのがいくつかありますが、今、メインクエストは、城の重要な人物を生き返らせるため、壷を探すクエストに、出発。 しかし、長いたびの果てに待ち構えていたボス{画像↑Kolgrim}が、ハンパナイ..
posted by ヒ゜クサック at 07:04

2009年11月26日

ドラゴンエイジ・オリジン・ボス攻略指南込み5thインプレッション

dragon5th.jpg
所要時間28時間経過で、夢の中の迷路から、ついに脱出、最後のボス戦がきつかった。Slothというボスで、5回まで変身して、各トリッキーな攻撃をしてきます。 そのたびにこちらも変身をして応戦します。最初がゴーレムで、次がバーニングマン、その次はまたゴーレムで、最後までしのぎます。 しのぐ方法は、とにかくウェイン{回復系魔法使い}で、各キャラの回復を常にキープ。広場にある、2個の自動回復のポータルも適度に使用する。 そして5回目で、究極の魔法ブリザードをSlot..
posted by ヒ゜クサック at 07:45

2009年11月25日

ドラゴンエイジ・オリジン・4thインプレッション

dragon4th.jpg
所要時間20時間経過。 王の子供と后を助けるために、魔法使いの助けが必要で、サークルタワーに、一行が出かけることになる。     塔の迷路もクリアして、中で、最後に出会った、ボスに夢の世界に放り込まれる。 中は、迷路になっていて、チョットやソットでは抜け出られない、悪夢の世界。延々と4時間くらいさまよいながら、謎を解き、ぎりぎりの戦闘をくぐりぬけています。  先は長そうです。   仲間とは離れ、回復アイテムもほとんどなく、孤独な脱出ミッションです。 ..
posted by ヒ゜クサック at 09:21

2009年11月22日

ドラゴンエイジ・オリジン・サードインプレッション

dragonagesecond.jpg
所要時間12時間くらいで、セカンドインプレッション。    これはすごいやりこみ要素満載のRPGです。  ストーリーにぐいぐい引き込むクエストの数々が、メインもサブも秀逸です。 しかも戦闘がすごくよく出来ているので、楽しさ満開という感じです。 ボス戦らしき戦闘をここまで数々とこなしてきましたが、きわどい勝利の達成感は戦闘ゲームバランスが十分に練られている証拠です。出会うどの戦闘にも、すばらしい緊迫感を味あわせてもらってます。 一人一人のキャラが生き生き..
posted by ヒ゜クサック at 08:41

2009年11月18日

ドラゴンエイジ・オリジン{両}ファーストインプレッション

dragonagefirst.jpg
所要時間3時間のところで、ファーストインプレッションです。 ストーリーがファンタジー騎士道と言う世界です。 ドラゴンや中世の騎士たちが国を賭けての壮大な戦いに参加です。 ストーリーはマスエフェクトと一緒で会話の選択肢によって、分岐していくようです。 バイオウェアらしい作品で、顔の表情が豊かで、映画のシーンをゲームしているような、雰囲気に浸れるのは、◎。 戦闘は、それほどストレスもなく敵を倒す感覚は、ノーマルですが、丁度のレベルかも・・。  まだボ..
posted by ヒ゜クサック at 03:39

2009年11月04日

PXSUC・ゲーム今時状況、徒然報告

とにかく、ここ最近、すごいゲームが軒並みで出して、インプレッションや記事に、間に合わない事が多々あるかも。 そんな中、早く、インプレッションしたいのは、ブルータルリジェンドですね、この海外メタルロックRPGは、毛色が違うので、敬遠されがちだが、中身は、普通にすごくよく出来た、アクションRPGなのです。  戦闘もユニークでストラテジー要素も満載の独特のバトルが体験できるのだ。しかも、このバトルがよく出来すぎていて、白熱度満点。唯の力押しでは勝てないところも妙{つまり戦略が..
posted by ヒ゜クサック at 01:27

2009年11月03日

Divine Divinity2{Xbox360}を注文しました。

突然ですが、デバインデイビニンティ2が出ているのを、今日知って、すぐにプレイアジアで発注しました。デモ映像を見てください。しびれませんか!?       前から、気になってたアクションRPGです。       すでに出ているのを知らなかった。 今月は、ドラゴンエイジ・オリジンと共に、二本のA/RPGをXbox360で出来そうです。
posted by ヒ゜クサック at 06:32

2009年11月02日

ドラゴンンエイジ・オリジン{両}驚愕のトレイラー紹介

↑の動画を見てくれ、これだけでも、中身のすごさが憶測できそうです。海外のRPGのレベルはここまできているという見本になると思う。 単にトレイラーと侮るなかれ!  これに見合った中身のRPGが、ドラゴンエイジ・オリジンだと予測するから。バイオウエアはすごい開発者集団だと思う。          今月インプレッション予定です。 日本発売は2年後位かな・・・・シナリオの英語多すぎるし、CEROの認証にとんでもない時間がかかりそうです。この現状は悲しすぎ!まさにゲー..
posted by ヒ゜クサック at 00:20

2009年10月27日

ドラゴンエイジ・オリジン{両}紹介

PXSUCが、11月インプレッション予定の、RPGですが、これは、かのマスエフェクトで有名なバイオウェアによる作品です。  手法が会話選択で分岐していくストーリーなど、マスエフェクトに似てはいますが、こちらは中世ファンタジーの香りがする、正当エピックRPGです。バトル形式がユニークで、早くやてみたいです。 雰囲気としては、ロードオブリング似ですが、バイオウエアらしい味付けで、きっと別物のすばらしき英雄伝が体験できると思われます。 それで、とにかく、この作品の底力を..
posted by ヒ゜クサック at 01:05