2014年10月07日

シャドウ オブ ザ ダムド{PS3}・ファーストインプレッション・本当にダムドだった件

shadow of d F.jpg
近々、エビルウイズイン{PS3&4}が出ると言うことで、同じ開発者の作品Shadows of the damned をすることにしてみた。  結果本当にダムドでした・・・。

一番のダムドはまず必死の戦闘操作中にバグが出ると言うこと。  救済措置もなく、また、ひたすら戦闘の照準が過酷。  バイオのようなもどかしさの操作が恐怖をあおるシステムを目指したのだろうが、それなら、もっとバグに救済措置を施せば何とかなったはず。

それと読み込みが長すぎ。この2点が、ゲームプレイ以前にやる気そのものを破壊してしまってどうにもならない状況。

1時間も浸ることが出来ずに放棄してしまったことがただ残念・・・それだけ・・・中古だけど、お金の無駄使いが悔しい。

            ファースト総合評価点21点

と、言うのは、バグが修正される前の出来事・・・・実際3回もやっていると、修正されて、そのまま進んで
最初のボス戦まで到着。  緊迫感ある雑魚戦もなれると、バグ無いと、迫力あるね。  ヘッドショットが基本大事。   ボス戦も弱点探しで、見つければひたすらそこを狙う操作が続く。  一発逆転の急所狙いはさすがゲームの面白さを知る三上氏ならではの作り。

1時間半ほどやれば、その面白さに気づきました。  しかし操作性はバイオ的で、プレイヤーを選ぶ感じかな・・。ローディング少し長いかな・・・でも世界観分かると、そんな欠点も気にならなくなりました。

まがまがしい世界観はプレイのやる気を促進する。  これとぎりぎりの戦闘{照準が当てにくいのが意図的なのですが、ここで好き嫌いがはっきり分かれます、きっと=自分はこれが気に入ったのでOK}はこのゲームの持ち味なんだとはっきり確認できた。

これは、買ってよかった、今なら安いし・・・是非。

      バグ修正後、位置情報ファーストインプレッション98点

  

posted by ヒ゜クサック at 03:11| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック