2010年02月28日

ダンテズインフェルノ{両}ファーストインプレッション

dante.jpg
所要時間4時間くらいです。

体験版の印象よりも、ゲームの面白さが、よりグレードアップして感じられました。  ゴッドオブウォーのような操作性{というかほぼ同じ}で、独自の世界観が、美しく秀逸。めちゃくちゃ吸引力がある地獄世界の演出はこのゲームの最大の見所です。

ボス戦の難度は、少し高いです。 イージーで初心者は丁度位でしょう。アクロバットアクションにも少し癖があり、慣れが必要ですね。

各ポイントにある謎も、少し難解な物もあり、解ければ、かなりうれしいです。

ゴッドオブウォーがなかったら、おそらく、素直に名作と誰にでも受け入れられたでしょう。

しかし、まねはまねでも、やはり、完成度といいグラフィックと言い、ストーリーなど、どれをとっても隙がない面白さで、アクションゲームとして十分な存在感を放ってます。

また開発者{バイセラル}はあの名作デッドスペースを手がけただけありで、”センス抜群の世界観の構築”は、鳥肌物です。

           位置情報ファースト総合評価点98点です。



posted by ヒ゜クサック at 06:56| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

ゴッドオブウォー3・デモ{PS3}ファーストインプレッション

demoGOW3.jpg
アメリカPSNで、今日からゴッドオブウォー3のデモが配信されだしました。

クレイトスのアクションは健在でした。

新しいアクションも追加されており、新鮮な要素も他にも見受けられて、これで去年のE3版だから、今年の製品版のすごさが伺われる内容でした。

デモは約15分ほどの短い物ですが、次世代機で初めて動くクレイトスは、リアルさが強調されており、なかなか。  背景の描きこみにも、緻密さとスケールの大きさが伺われ、神話世界がよりリアルで見る者を圧倒させる出来ばえですね。

アクションの操作性も安定感があります。敵も、ボス戦などで感じる迫力は以前のままで、撃破感が爽快で、さすが、GOWだな〜と、らしさに満足。

       より完成度が上がっているはずの製品版がひたすら待ち遠しい。

   位置情報デモ・ファースト総合評価点は9点といったところか。
posted by ヒ゜クサック at 06:45| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PXSUCゲーム徒然、最新事情

この題は、一月に一回は書く予定の、ゲーム全般に対する、自分的観測や今時のつれづれなるゲーム状況発表です。

まずヘビーレインは本当によかったな〜と、しみじみ振り返って思いますね。   超名作でした。

FF13は12章でストップで、やる気があまり起きないのが現状。
これは、かつての、FFシリーズの中でもありえない現象ですが、パワーが失速した証かもしれない。一本道がああ嗚呼・・・・・・・

それに反してマスエフェクト2は、やりこんでます。毎日1ミッションと言うジワジワクリアへむけてまっしぐらで、楽しんでます。RPGの醍醐味がある!  FF13が見失ってしまった物がここにある。

MAGはレベル48になってついに司令官になりました。空爆などの命令を直接出せるのがいいですね!

気が向けば一兵卒で頑張れるし、今や、PXSUCは、なんでもありの状態になりつつある。
ジッパーの昨日の、修正パッチは大きなもので、操作性や、当たり判定のラグや正確さに柔軟性が出ていて、不満解消といった感じがダイレクトに、プレイしていて感じたぞ。投げ出した方も、もう一回挑戦してみれば分かるかも。

全体的にも初心者に優しく出来だしていて、簡単に死んでしまう確率が減ったのはありがたい。レーブンでも勝てる回数も若干増えて来ているのだ。

            それからそれから・・・もうすぐダンテインフェルノが出来るので楽しみ{>v<}。

         西洋の地獄めぐりが楽しみなのだ^^

その先でボーダーランズで、またその先にはゴッドオブウォー3が待ってます。

      3月も盛り上がりそうな予感 ”ヒャッホ〜”^^/。

いいゲームを探しているあなたに、盛り上がりそうなインプレッションがこれからもドシドシと増えそうな予感・・・。

  追伸:あなたの最近のゲーム事情に対するつれづれなる感想やコメントもらえたら助かります。どんな、特定のゲームのことでもいいから聞かせてください。:PXSUCより!

posted by ヒ゜クサック at 01:30| 埼玉 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記W | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボーダーランズ{両}3月インプレッション予定タイトル

borderL.gif
3月は、インプレッション予定ゲームはゴッドオブウォー3と、ダンテインフェルノでしたが、このボーダーランズも参入。

ボーダーランズは海外でも、平均80点以上は軽くクリアの名作で、RPGとFPSの融合が、ユニークな宣伝文句になってました。

擬似アニメ化された映像も必見で、ゲームのコミック性を強調してますね。

シューターとしての迫力が実際どの位の物かが、ファーストインプレッションで中心のテーマになる予定ですので、気になる方は、是非インプレッションを注意して読んでくださいね。海外版を発注したので、中旬ごろには届くはず。
posted by ヒ゜クサック at 01:09| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

MAGが、日本時間の今日の4時am、大幅修正がありました。

もしかして、今までの不満が一挙に解決しているかもしれません。

       結果報告は後ほど・・・。

とりあえずは、報告まで。
posted by ヒ゜クサック at 23:54| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

アバター3D映画を見てきました&インプレッション

すでに、日本でも大ブレークのアバターですが、実際、新宿の3Dシアター{ピカデリー}で、今日、見てきました。

出来は評判どおりというより、それ以上の驚きの映像体験でした。

アバターザゲームの方は、後半は、冴えなかったので、少しがっかりでしたが、映画の出来はというと、そのスケールは、度肝を抜くすごさでした。

その約2時間の映像体験からは、外に出て、現実に戻っても、しばらく抜け出せないほどのすばらしい出来でした。

立体3D映像は、ここまで来ているのか、と、只唖然として、劇場を出てきました。

メガネの装着感も自然で、立体感もとても自然で、ワールドを見ているというよりも、包まれているという感覚が、鑑賞中ズ〜〜ッとありました。

ストーリー、演出、アクション度も、申し分無しの、神がかったような出来栄えに,称賛の嵐を贈らずにはおれない,そんな,すばらしさです。機会があればあなたも是非是非ですね。

posted by ヒ゜クサック at 23:58| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記W | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

マスエフェクト2・4thインプレッション

mass2third.jpg
30時間近く、かなり進めてきましたが、相変わらず、仲間集めとその仲間の過去の問題を解決するクエストの連続ですが、どれも、惑星散策のクエストをかねて、壮大な、アクションシューティングRPGをしている感満載で、おなかいっぱいにクエストをさせてもらってます。

ノルマンデイ号内部{↑画像}も豪華で、ゆったり宇宙旅行のスケールがあり、全体的に、壮大なSF/RPGをしているという感じが、とても心地いい。

日本のRPGも一本道でなく、この辺を見習ってほしい。冒険感が満載と言うのがRPGのいいところなのに、今の日本のRPGはこれを見失ってます。かつて、クロノトリガーなどにあった、あの冒険感を、これからのJRPGに呼び戻してほしい、出来ないことはないと思う。2Dグラフィックでもいいから、その辺原点回帰で頑張ってほしい。

そんなこんなで、このマスエフェクト2は、個性あるキャラクター達のバラエティに富んだクエストのボリュームも相当な量で、RPGとして、これほど満足いく出来の作品は、今のところ皆無です。

       もちろん4th総合評価点は、100点です。
posted by ヒ゜クサック at 18:01| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月インプレッション予定タイトル紹介、因縁の2タイトル

godvsdante.gif
ダンテインフェルノはすでに発売中で、両機種です。

ダンテの方は、評価点は、デビューゲームにしては高い、80点以上の平均点を海外では確保。日本でも、絶賛の評価が多い。

ゴッドオブウォー3はPS3からのみで、3月25日ですが、すでに海外では評価が出ており、満点だとか。内容は、過去の全てのゲームを越えているので満点にするしかなかった・・・とか・・すごい表現ですよね!。

個人的にはダンテのまさに地獄世界のシュールで、おどろおどろしい雰囲気が気に入ってます。

しかしゴッドオブウォー3は、評価によれば、別格かも知れませんね。

いずれにしろ、3月はこの2本のゲーム対決にもなりそうで、楽しみです。お楽しみに。 

  3月はじめは、ダンテインフェルノからのインプレッションスタートになります。
posted by ヒ゜クサック at 13:06| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘビーレイン・クリアインプレッション

heavyclear.jpg
総時間12時間くらいだっただろうか?!   あっという間のエンディングでしたが、しかし、相当な満足度です。面白かったし、感動したし、技術力のすごさに驚かされました。

これほど短いと、減点の対象になりそうですが、中身があまりに濃いので、それも補って余りある満足度。

ここのところ、技術力だけ見せ付けるゲームが多い中、唯一、技術力と作品の価値が見事に調和した作品といえるでしょう。ここまで表現できるのだという、次世代機の金字塔を打ち立てた作品だといえる。

このグラフィックでこそ効果もあり、それが、作品を価値付ける大きな手段の役割を果たしました。そのおかげで、ヘビーレインは、映画を凌駕した感があります。これは全てのゲーム開発者が今まで、目指していた物ですよね!

ストーリーの意外な結末にも唖然で、ゲームプレイの全ての途中経過が鳥肌になるほどの吸引力ありで、全体を通して、この作品の魅力はゲームの歴史に残るほどのインパクトをプレイヤーに刻み付けることでしょう。

このゲームの成し遂げたことが、これからのゲームのスタンダードになり、インタラクト性のあるすばらしいゲームが、これからドンドン出ることを期待したい。そういった意味でもヘビーレインはすごい作品なのだ。

     位置情報クリア総合評価点100点


posted by ヒ゜クサック at 08:03| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

ヘビーレイン・セカンドインプレッション

heavysecond.jpg
所要時間も忘れてしまうほど、多分10時間くらいかな・・・・

   面白さがさらに加速して、4章の終わりにまで来ました。

ストーリーの複線が幾重にも重なり、真相が複雑で、分かりづらいのが、やがて核心へと近づきつつある4章は、圧巻です。

ドキドキして次の展開を模索している自分がいる。

選択肢やタイミングアクションに熱がこもり、ここで躓きたくないと、アクションや戦闘では絶対に負けられないと言う独特の緊張感が指の先にみなぎる!

見事タイミング押しが決まれば次の展開だが、その次に流れる、映像があまりにも、秀逸過ぎて、アカデミー演出物です。4章辺りでその真価が理解できて、本当にPS3買ってよかったな〜としみじみ本当に、思える作品です。

クアンティックドリームと言う開発者は、過去に、ファーレンハイト{海外版ではインディゴプロフェシー}を作ったのですが、ヘビーレインは、まじ、それの進化版といった内容です。

ファーレンハイトから、遺伝子はそのまま受け継がれていて、大きく成長した姿がこれかと、納得いく部分が多々ありです。子供時代の回想など、ファーレンハイトのハイド&シークの章を思い出しました。ファーレンハイト{PS2}は本当に当時、斬新で名作の部類の作品でしたが、ヘビーレインはそれのさらに何倍も上を行っていて、超名作になってます。

PS3を一番後押ししそうな、完成度も独創性も高く、多機種もきっとうらやましくなる作品であることは間違いない。PS3でしか出来ない映像美だけでも必見です{FF13
でさえ、この美しいグラフィックには及ばないはず!!=次世代期中最高峰のグラフィックですね}。

      位置情報セカンド総合評価点100点

このゲーム、脇役や一瞬しか映らないような風景でも一切手抜きが無いのがすごいな。しかも面白い。{←言いえて妙の2チャンネルからの抜粋文=ほとんどの人がこのゲームのすごさに参っているようです。やれば分かります!!!}
posted by ヒ゜クサック at 06:48| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

ヘビーレイン{PS3}ファーストインプレッション

heavyfirst.jpg
今日、到着で、早速やってみました。約4時間が、あっという間に過ぎました。

時間を忘れる、熱中度です。  やることは、ひげそったり、子供と公園で遊んだり、水を飲んだり、人を介抱したり、赤ちゃんをあやしたり、時々、タイミング押しファイティングアクションをしたり。FBI捜査官のハイテクデバイスを操作のためにデータ捜査するなど、ボタン入力と映像でのみ、物語は展開します。

どこがすごく面白いのかは、漠然としているのですが、単純にタイミング押しが決まると映像の中に自分が入ってしまうという、魔法のようなシステムが斬新で、全ての操作が、インタラクトする、喜びに焦点が当てられており、それがど真ん中直球で、プレイヤーに感動を与えている。

全編に秀逸なミステリー風のアレンジが漂い、物語も先が見たいという衝動を抑えられないように作られていて、それと、独特の操作と相まって、これが大成功で、極上の映画の中に自分が入ったかのような錯覚を味わえます。

グラフィックは、おそらくPS3史上最高峰の映像美だと断言できます。

     見たことないゲームができたという感じで、位置情報ファースト総合評価点は100点です。
posted by ヒ゜クサック at 05:22| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

レーブン隊強化語録、その2

mag fukki.jpg
相変わらず256対戦でレーブンは弱いですが、攻略方法も見えてきました。今、レベル44です。

raven enhannce2.jpg


まず、リスポンの待ち時間短縮方法ですが、{上の画像}の赤い部分が全体の4割から3割になったところ{黄色のところ}で、復帰ボタンを押すと・・・・2秒から3秒,上手くいけば0秒復帰できます。

それと、APC車を、戦いじゃなく、目的地のすぐそばに上手く隠れながら停車すると、そこからが、”復帰ポイント”になるので攻略が楽です。APC車で戦うより、こちらの方が、大事です。しかし、敵から見つからないベストポイントを探すのが、かなり難しい。また、敵がこれをしたら、敵APCを、すぐに撃破することも大事なのは明白ですよね。

★バンカーの死守は、このゲームの肝です。ここが破壊されて、奥の基地に移動させられると、形勢は不利になります。バンカーで15分以上死守できれば、勝利も見えてくるはず。

★対空砲は、8人全員で死守するのも、敵戦力輸送飛行を破壊するのでここも15分以上死守できればかなり楽になるはず。15分以降は施設の死守で、何とかなるはず・・・・

★レーブンのLMGは、最初からある手持ちは、超、対戦に弱いですので、スキルポイント5を消費して、上位の物を買えば、たとえ、セイバーでも、ほぼ互角かそれ以上に1対1の戦いで勝利できるようになります。早めの購買をお薦めします。

     とりあえずはこんなところですかね・・・・ご意見お待ちしてます。

          特に↑赤字は注意!!!!
posted by ヒ゜クサック at 07:43| 埼玉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

マスエフェクト2・サードインプレッション

mass2 nakama.gif
所要時間25時間辺りです。まだまだ、物語は始まったばかり・・・・

いろいろな惑星探索をしながら、仲間集めが、当面のミッションの大目的。

コレクターと言う、謎の集団を撃破するべく、最強の仲間を、惑星ごとに集めていく過程は、水滸伝風ですね。

それぞれに特技があり、生きる上での業のようなものを担ってます。

それゆえミッションにそれなりの、各戦士達のエピソードが綴られており、SFオムニバス短編集のような雰囲気で、進められるのが、心地いいですね。

戦闘も、各戦士達の得意技が炸裂するので組み替えて出陣は毎回新鮮です。

基本的にバトルは抜かりない作りで、いやが上でも、のめりこんでしまう、絶妙な作りです。この、バトルの妙は、長年、培ったバイオウェアの財産ですね。どこもまねできない職人風のできばえで、超満足。

         だから・・・・  

バトル10点満点です。

演出も10点

ストーリーも10点

グラフィックも10点

スケールも10点

システムもボリュームも10点

RPG度&アドベンチャー度も10点

謎解き&ミニゲーム10点

トータルやはり10点満点で。

       サード総合評価点は100点としか評価しようがないです。

posted by ヒ゜クサック at 04:26| 埼玉 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

ヘビーレイン/demo{PS3}ファーストインプレッション

heavydemo.jpg
約15分ほどのデモですが、雰囲気はつかめました。折り紙キラーか!・・・

なるほど、海外が絶賛しているのは、この体験のことかと・・・・

単純にメガネをかけたりはずしたり、ドアを開けたり閉めたり、車から降りたり出たり、コーヒーを飲んだり、崖を登ったり降りたリ、それだけでも、”これなのか”という感覚で受け止められました。

なんでもない動きにすごくインタラクトできて、感動している自分がそこにいました。おそらく演出の勝利だと思いますが。プレイヤーを映像の中に引きずり込む、相当な力があるのに気づいた。

誰でもが思いつきそうな、コントローラーを繰るアイデアですが、カンタムドリームが、これを使って、成功したというニュアンスがである。コントローラをいろいろ使って操作して、プレイヤーを未知の体験ゾーンに引き込む魔法みたいな展開があなたを巻き込む、といった感じですね。

FBIの捜査官{画像↑}が、犯罪現場を調査するめ、プレイヤーを通してコントローラーを様々な形で使う場面が、体験版では、圧巻でした。

とにかく独特の世界観があるというのが、圧倒的に、このゲームの魅力になっている。操作性がそれをより強化しているという感じで、全体としてのバランスが絶妙で,アクションでもなくRPGでもなくシミュレーションでもなく、”操作体感、感情移入映像ゲーム”と言う感じですね。

PXSUCはすでにヘビーレインは予約済みで、18日にこのゲームが届くはずですが、買ってよかったと素直に思える出来を体験版から感じました。

あなたもこの未知の操作を体験して、背中に何かゾクッとするものを感じて、虜になること請け合いですね、キット。

      位置情報体験版ファーストインプレッション9点

posted by ヒ゜クサック at 23:42| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MAG・Raven強化・最重要ヒント集・12項目{その1}・10thインプレッション

レーブンの256人対戦、勝利確率は1割くらい、セイバーと戦っても、10戦して、やっと一回勝てるかどうかで、なぜここまで負けるかを考察。

それで、戦術に問題ありかと、レーブン隊員全員に、なるほどと思える、意外な盲点などを列挙。

これを頭に入れて、戦場に出ると少しは勝てそうなので、頑張っていくつか、箇条書きに整理しました。是非読んでください。↓↓↓↓
raven enhance.jpg


★ 装備に、ガスグレネードかスモークを入れるだけでも、戦力が相当上がります。

★ モーションセンサーと、センサー妨害で、忍者隊を編成すれば相当勝てます。

★ APCやバンカーの砲台の連射は16発から18発でオーバーヒートなのでその前に止める練習。これで10秒間のヒート回復時間の無駄を省ける。

★ 修理工兵は、砲台>バンカー>門の順に修理を優先すること。

★ APCはR1ボタンでスモークを炊けることを覚えること。

★ 敵に燃焼塔などにAPCを横付けされないように、破壊を最優先すること。

★ 対空砲破壊やバンカー破壊は、精密射撃が効果的。

★ 小隊長は、左右にいる味方分隊を、右側に全員を集めて、一気に集団で攻める作戦が有利。

★ 分隊長は迫撃砲でヘリと戦車をドンドン破壊すると助かる。

★ 燃焼塔を守りたかったらまずその近くのバンカーを破壊されない事が一番大事。その逆も言える、敵に攻める時は、燃焼塔よりもバンカー破壊が強力。その後、燃焼塔だ。

★ ナイフ強化も接近戦に最強なので鍛えること。

★ 敵APCはドンドン、RPGなどで破壊すれば敵戦力を大きくそげるのだ。
今のところこれだけでも相当な知恵になるので、レーブンの皆様、このこと覚えて戦場にまた出かけましょうね。

posted by ヒ゜クサック at 18:22| 埼玉 ⛄| Comment(2) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

MAG・9thインプレッション

mag sniper.jpg
マシンガンも安定性などアップグレードして、満足ですが、スナイパーの長距離用スコープがほしくて、2スキル使用して装備{↑画像}。

長距離なので、相当遠くまで見えますが、動いている敵は照準が、合わせづらいことが分かりました。

また、一度撃つと、居場所が知られてしまいますが、突撃兵なら、長距離なので、余裕で見つからずにすみます。 が! 敵の長距離スナイパーがこれを察知して狙ってくるので、スナイパー戦になってしまい、やばいことに{+_+;}

よく考えれば向こうも長距離でこちらを伺っているのが理解できて、チョット冷や汗です。これって、天敵みたいな物で、無敵ではなかったと、改めて理解。遠くから高みの見物とは行きませんでした。

そんなこんなでMAGばっかりやってます。何度やっても飽きないのがすごいですね。

また、レベル34なので、分隊長になって命令もやってみましたが、これもなかなか、気分がいいですね。”あの場所を攻撃しろ”といえば、仲間が向かってくれますし、仲間と、ミッションを達成できた時の高揚感は、最高でした。やめられない中毒性が指揮官レベルにはあると再認識です。

やるたびに新たな発見があるのもMAGのすごいところです。

しかし、このため他のゲームができないのも少し辛いですが・・・・



posted by ヒ゜クサック at 07:24| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

MAG・8thインプレッション{工兵と衛生兵}

mag kit.jpg
レベル32になりました。MAG新記録で、7時間ぶっ続けでやりこみました。これから寝ます・・。

  それで、1時間ほど、工兵と衛生兵に徹してやってみました。

工兵は、やはり橋の修理をして、戦車を渡らせたときは、いい仕事したなと言う満足感があるし、敵の侵入扉を溶接で締めたりと、やりがいあるんだなと深く深く実感。  しかも10EXも入るので、衛生兵と同じで、早くレベルが上がるので、レベル上げにはもってこいだと確認。

どちらの、役割も、思った以上の面白さで、いろいろやってみたらいいのだと、MAGを、再確認。これで全役割を経験しました。どれも、とにかく、すごくおもしろいです。

工兵と、衛生兵で稼いだEXを使って、マシンガンの安定性{3スキル}と、ダッシュ力持続{2スキル}のスキルをアップさせました。

これで、相当強くなったはずだけど、レーブンは256人対戦はとにかく弱いです。
posted by ヒ゜クサック at 09:45| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

MAG・7thインプレッション{なぜレーブンは弱いか?}

mag7th.jpg
基本、レーブンの弱さの原因の一端が見えた、工兵が少ないことと{おかげで、バリケードや門をすぐに突破されるのだ}、対空砲をほったらかしにしている場面が多々あるので、敵の航空支援ですぐに、本拠地に潜入されるから。

     かなりの人が気づいていないのだと思う。建物攻略ばかりに気が行っているのだ。

だから備蓄施設が攻撃された時はすでに、航空支援で、落下傘攻撃で、敵がウジャウジャ。  ここまでに、工兵で、対空砲を回復させて、落下傘部隊を侵入させないようにするのが勝利への一歩ではないかと思う

MAGやっている人で、このことに気づいた方、何かコメントいただけたらうれしいですが、つまり、なぜレーブンは弱いかと言うことです・・・・  
posted by ヒ゜クサック at 05:45| 埼玉 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

MAG・6thインプレッション

MAG_540x303.jpg
オフラインのゲームもやってますが、MAGが来てから、オンラインの比率が同じくらいに上がってきました。

レイブンのPXSUCは、やっとレベル26になりましたが、セイバーが強すぎて、不満タラタラになりそうです。ジッパーさん!どうか今すぐに、何とかバランス調整してほしい。

もともと、オンラインはそれほど好きではなかったのですが、特にFPSは、しかし、このMAGだけは別格。256人と言うワラワラ感<みんなでわたれば怖くない感>は、前代未聞、空前絶後の新しいゲームの地平線を突っ走っている、そんな、すごい快感なのです。

これやったら、オンラインのCODなどHaloも、砂場の遊びみたいに、狭く味けないものになり、もう戻れないMAG一筋になってしまいそうですよね。

レベル20くらいまではマシンガン特化型でやってきましたが、これからスナイパーを強化してます。中距離用ですが、高所のいい場所を見つけるのが、仕事になります。

いくつか、スナイプ・ベストポイントを確保してますが、確保できないと突撃兵がうらやましい、と思ってしまいます。他にも衛生兵など、いろいろ切り替えて、挑戦するのが吉かと、思います{個人的にスキルポイントが少ないので、工兵はまだやってませんが、いつかやりたい!}。

とにかくやばいです、間違いなく、MAGからオンラインの新世紀に入ったと思います。今までの進化ではなく、別物の出現です。


これからパッチとか充てられて、バランスも調整されたりで進化していくと思います。が、すでに、完成された下地があるので、これから、口コミでMAG人口は増えていくはずです。そして、中毒者も増えそうなので、ご用心ですね。

  すでに下地が十分に完成しているので、6th総合評価点100点は、変わらずです。
posted by ヒ゜クサック at 07:38| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

マスエフェクト2{Xbox360}セカンドインプレッション

mass2second.jpg
所要時間10時間経過でセカンドインプレッションです。

ファーストで衝撃を受けた、その作りこみで、一気に99点をつけましたが、10時間経過してもその印象は変わらず、圧倒されています。

まず仲間を集めるために、銀河を駆け巡る壮大な冒険RPGが幕開けです。

仲間キャラそれぞれにストーリーがあると言う展開は見事。

キャプテン・シェファードに、色んな形でかかわってくるこれら個性あるキャラとの掛け合いも見所の一つです。

そして、おそらく最大の敵リーパに出会う前に、コレクターと言うの謎の集団と戦わないといけないという設定で、この惑星から惑星に神出鬼没のコレクターがまず、当面の敵と言うわけです。

まさに冒険しているというRPGの真髄を見事に演出している展開は見事といわざる得ない。日本のRPGも見習ってほしいと思える、出来具合ですね。

戦闘がまだ、楽に倒せるので、緊張感はまあまあですが、前作同様、後半厳しくなるはずなので、今から十分にバトルの装備やテクを蓄えておこうと思います。

が、今回は、途中で詰まっても、難易度を切り替えることが出来るシステムになっており、ボス戦で、どうしても勝てなければイージーに出来るそうなので安心です。

また、グラフィックの美しさは、群を抜いています。最高峰のグラフィックだと思ったアンチャーテッド2のそれよりも、ダイナミックで生き生きした表現力には、脱帽です。これと演出力が加わって、次世代機最高峰の映像美を実現しているので、是非これを見るためにも、プレイしてほしいと思わざる得ないですね。

        位置情報セカンド総合評価点99点

posted by ヒ゜クサック at 19:17| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

マスエフェクト2{Xbox360}ファーストインプレッション

mass2first.jpg
所要時間1時間くらいで、早速インプレッション。美しい画面に始終釘付けでした!

画面が全て、洗練されていて、いきなり、誰でも、SFワールドの中に、引き込まれます。

演出のすごさは、バイオウェアにしか出来ない、圧倒的な完成度で、未来世界が見事に構築されていて、そこにいる感{=無数の未知なる惑星がこれからの冒険の地で、広大な宇宙の中の一人、謎の人物そして、仲間達、敵、新しい未来の宇宙船ノルマンディー内部などなど・・・・}が、ただただ心地いいのだ。

それ+、戦闘もリアルタイムで、緊張感と爽快感を重視した、タクティカルな作りは前作にさらに磨きがかかっていて、申し分無しですね。特にお気に入りは、やはり無重力波で、敵を浮遊させて、銃で狙い撃ちが、いいですね。

ストーリーは、前作のリーパーと言う機械族がやはり、かかわってきて、新たな展開です。

キャラの存在感は表情豊かなフェイスモーションで、誰もが、映画俳優並みの出来具合。

とにかく、まだ1時間くらいなので、戦闘などの詳細は、セカンドに回しますが、いきなり最初の1時間が、作品全体のイメージを把握するに十分なスケールなので、ここで、10点満点も出そうなくらいの勢いでした。さらにスケールアップ&洗練されて、前作を超えているのは確かです。

       位置情報ファースト総合評価点99点

posted by ヒ゜クサック at 04:20| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

マスエフェクト2{X360}到着!

mass2arrive.jpg
海外ではすでに、名作中の名作と言う折り紙つき!    今日、ゲット!!!

    明日、早速ファーストインプレッションします。

       期待してお待ちください^^
posted by ヒ゜クサック at 07:09| 埼玉 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

MAG・5thインプレッション

mag logo2.gif
時間があればMAGがほとんどのゲームプレイタイムになってます。他のゲーム時間が危機に瀕してます。

      今日、レベル20になりました。

そこで、思い切って、狙撃兵になるべく、スナイパー装備で、作戦を突撃タイプから変更。

実際やってみると、敵をキルする回数は減ったが、自分が死ぬ回数が、激減しました。

システムも分かってきて、衛生兵の自部隊を回復すると、20EXも入ることを確認して、一挙にレベル上げ方法が開眼されました。

また、近くの車に乗るだけで、全ステータスが回復するので、車に入るだけでもいいのだと知りました。

これだけ知るだけでも、弱いレーバーにとっては、強い味方を得たような物です。

セイバーのマシンガンは、どのファクションよりも最強らしいです。

  なるべく、突撃兵は、一対一は避けた方がいいみたいです。

などレーブンの弱さは、マップ構成にも不満ありますが、そのうちパッチが当てられるはず!    いま少し我慢か・・・・

とにかく誰がなんと言っても、この経験は、未経験の、衝撃のスケールと面白さです。

     MAG人口は徐々に増大していくでしょう。



posted by ヒ゜クサック at 10:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

ヘビーレインとマスエフェクト2が、今年のGOTYを狙う二本柱かも・・・・

heavyR.gif
只でさえ、超人気の期待作で、海外評価がその期待の予想以上に高い結果をだした、と言うこの二本のゲームは、確実に今年のGOTYの座を狙ってくることでしょう。

マスエフェクト2はすでに、購買して、到着を待つばかりですが、実は、ヘビーレインはあまり期待してなくて、先延ばしにして、ダンテインフェルノを今月の予約にしているのですが、急遽切り替える決心をしました。

特に、ヘビーレインはいきなり満点が2個出てます。残りも最低でも9点台ですので、これは、すごいことになってきたなと・・・・

このゲームの評価で、ズシ〜〜ンと来た内容は、”このゲームをやった後は、他のゲームが覇気がなく、新鮮味のないものに見えて、手に付かなくて、困った=Other games will be insipid (hard to move on another game after that) ”という内容です。そのほかのサイトも、評価の表現が、ただならぬもので、このゲームが如何にすごいかを、憶測させています。

何かこのゲームは僕達が想像する以上の何かを成し遂げたようで、それが、早く見たくて見たくて・・・・

ソニーの大きな賭けだとも言われており、その出来が、気になってしょうがないので、とうとう、今月の予約に踏み切りました。

3月は,だから、ダンテインフェルノとゴッドオブウォー3の勝負の感じで、2本買う予定ですので、そのときまた、と言うことにしました。

posted by ヒ゜クサック at 02:49| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MAG・4thインプレッション

相変わらず楽しいですが、少し、不安な部分を発見。

            ”レーブンが、弱い”

おそらく、誰もが、すでに気づいている周知の出来事です。

    つまり、セイバーが強すぎなことが大きな原因かも。

どんなに個人が頑張っても、256人対戦をすると、ほぼ、勝てない、勝っても、10対1の割合位でしか勝利できないのだ。

   これでは、レーブンはどんなに個人が頑張っても、ほぼ壊滅状態ですね、このバランスでは。

原因は、勝てない⇒レベルが上げられない⇒他のクランに移動{ある意味、逃亡兵}⇒そして勝てないの、まさに負のスパイラルに落ち込んでいるのがレーブンの今の現実。

当然Zipperは、すぐにでも、パッチをあてないといけないはずですが、”どうする、レーブン”などといっている場合ではないのだ。"どうするZipper”ということなのです。

       早く、解決策を頼みますZipperさん。
posted by ヒ゜クサック at 02:20| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする