2008年12月31日

プリンスオブペルシャ・5thインプレッション

jyoukaPOP.jpg
年末・土壇場インプレッションは、プリンスオブペルシャです。   これで2ステージのボスを撃破して浄化完了です。      年末最後を飾るに、ピッタリのゲームです。
   楽しくて、爽快感があり、緊張感もある、このバランスが今年を飾るゲームとして、申し分無しです。  来年{あと一時間で2009だ!}また会いましょう、このゲームで・・・^^/。  
posted by ヒ゜クサック at 22:58| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オトメディウス{360}ファーストインプレッション

さすがコナミだけあって、よくできている、そのできは、伝統に恥じないでき。  が、いかんせん、ボリュームがない。ステージ数が、4面と最後のボス戦のみはチョット少なすぎ。   7面はほしかった。  これで5000円以上は高すぎだろ。3000円で出すべき。   これは先々、中古で買って丁度のボリューム。 

しかし、爽快感あるステージは捨てがたい。演出もなかなかで、盛り上がるし、ストレスがたまらないような親切設計も捨てがたい。ボス戦が、よく練られていて、最高のひと時になるはず{4つしかないけどね!}。

全体のイメージが垢抜けているのも、シューティングゲーム開発を得意とするコナミの職人技のおかげ。

なので、買って損はなかったかも・・・・微妙な線ですね・・・・。ダウンロードなどで、追加ステージを3個くらい増やしてほしい。

    位置情報ファースト総合評価点80点。
posted by ヒ゜クサック at 07:41| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソニーが気になる・・・{2009年、PS3はサバイバルできるのか?!}

汝2.gif汝.jpg


今年は本当に次世代機ゲーム全盛期を、手にとって、感じれる年でした。   来年は次世代機たちは、成層圏を飛び出て、新しいゲームがドンドン飛び出して来る予感がする。  そんな中、ソニーを含め、PS3の未来が気にかかります。  ソニーもPS3も、時代の逆風を真っ向から受けている姿が、なんか痛々しいです。   2009年春までに、PS3の値下げができないとなると、ほぼPS時代の終焉を物語ることになりそうです。    もしわずかでも光が残っていたなら、値下げは慣行されるはず。   

    いずれにしても、ここまできたら、後は女神が決めるはず。     2009年の春までに、PS3の値下げがありますように。ゲームを愛するみんなが、やはりPS3にも消えて行ってほしくないので・・・・
posted by ヒ゜クサック at 04:42| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年末はこの2本で年越し^^!

nnennmatsu.jpg
31日ぎりぎり、届きました、今日、アマゾンからこの2本同時に。 

バイオCG映画とコメディータッチの秀逸シューティング・オトメディウスG{360}です。     インプレッションもすぐに書く予定。
posted by ヒ゜クサック at 02:24| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記W | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年春までに出る有力期待ソフト紹介!!

harumadesoft.jpg
期待作が目白押しの2009年。  春までにもヤバイ程の量が出ます。   とりあえずは2月が、猛ラッシュで期待ソフトが出ます。       1月は財布を閉めて、2月に備えましょう。

多少の変更もあると思いますが、取れあえずは、こんな状況です。
posted by ヒ゜クサック at 00:39| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

Ninja Blade{XboxLive/体験版}ファーストインプレッション

ninjataiken.jpg
今日いきなり、Xbox360のライブ画面に、”忍者ブレードの体験版配信”の文字を見て、おおっ!!と思い、早速ダウンロードでやってみました{Xboxライブはこういうところが抜け目がなく尊敬してしまう=早くやりたいと思っていたところなので・・・・}。  

30分もないくらい短いものですが、ボス戦も雑魚戦も、アクションも雰囲気も、グラフィックも、システムも、操作性も、体験できて、大体が把握できました。

・・・・・これは、いけそうだと思った。  フロムソフトの 御伽{OTOGI}を作ったメンバーといえば、ピンと来る人もいるはずです。   Xboxで初期に注目されて、期待通りの和風アクションを、体験できたのは今でも新鮮な驚きとして残ってます。   御伽を、今しても、きっとはまるかもしれないと思うほど、名作の部類です。   

今回は、スケールもさらに次世代機で、アップしています。  和風の忍者と、近代ビル群が美しく、対照的に描かれています。   アクションもタイミング押しなどのシステムと、実際、剣を振るっての戦いは、メリハリもあり、なかなか楽しかったです{話によればシューティングもあるそうです}。  

ボスの巨大蜘蛛を、倒したところで終了でした{蜘蛛は、ビルくらいの、かなりの巨大さなので、崩れていく時は凄まじいインパクトがありました}。  また、途中に出てくる雑魚といえど、油断できない動きをします。   こういったところは御伽のセンスがそのまま受け継がれているようです。

      そんなこんなで体験版位置情報総合評価点は8・5といった感じです。
posted by ヒ゜クサック at 07:12| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

ソニーは来年初頭に、大ニュースを告げるのだろうか・・・・・・?!

pricecutPS3.gif


誰が見ても、このまま価格を下げずに、進むとせっかくの大チャンスをPS3が逃しそうです。  なので、2009年初頭にPS3を大幅値下げのニュースが飛び込んでくるのではないでしょうか・・・・・キルゾーン2が海外で2月21日に出るそうですが・・・・・その辺りが・・・ひょっとしたら・・。

市場のアナリストは、今年のPS3は例年にないスピードで、Xbox360とWiiの後を追いついてきたと語っており、明るい材料だとも述べています。  しかし、スピードは以前のPS3と比べた場合で、やはり、落ち込みは他の2機種よりかなり、大きいということです。   これは、もう間違いなくPS3の本体価格が高い、唯それだけが原因だということで、来年、大発表があるかもと言う憶測が流れております。

エレクトロ部門の落ち込みなど、とにかく追い風がなく、逆風ばかりのPS3です。市場アナリスト達は、ソニーが、値下げをこの年末ホリデーシーズンにしなかったという事実とソニーの強気の発言に、驚いたそうです。BDに全てをかけたところもあるようですが、PS3の値段ではやはり高いそうです。いまや¥2万円台で、ブルーレイディスクが買えるようになってきているそうなので・・・。

結論として、ソニーは、プライスカットに踏み切れば、PS3本体の売上が勢いづくのは確実{2009年はPS3独占のすごいゲームタイトルが出る予定だし}なので、窺っていいるのは、もはやタイミングだけかと・・・思うのです。早ければ早いほどいいので、やはり年初のいつかでしょう。・・・・・と、PXSUCは予測するのですが、あなたの見方はどうでしょうか?!コメントお待ちしてます。:PXSUC
posted by ヒ゜クサック at 22:52| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラストレムナント・DISC2、第二拠点攻略指南サードインプレッション

kyoten2.jpg
やっとクリアしました、ボス・ズイドウ、噂によれば20万くらいのHPらしいです・・・・。しかも、物理攻撃に長けた、部下が周りを囲んでいます。  挟み撃ちにあったが最後、ボコボコにされるでしょう。    

このステージだけを攻略するために、どれだけ、雑魚戦でレベル上げに、時間を使ったか・・・・6時間以上です・・・・・{*−*}目が点になりそうです。   

攻略サイトを見るが、結果だけしか書いていない。  おそらく、この拠点でコントローラーを投げ出してしまう人が、半数以上いるのではないかと思えるほどの、拠点は激難ステージです。   まさに、ライトゲーマーお断り、コアゲーマーだけの御用達という、つくり・・・・・スクエニの根性を見せてもらいました。  

と同時に、このラスレムが大好きになってしまいました。    ぬるいゲームに飽き飽きした人にはもってこいの、ハードキャンデーと言うわけです!!!  焦らずじっくり行くののが吉と、見つけたりです!!     

そんなこんなで、”攻略指南は絶対書くぞ”と言う意気込みで、ボス・ズイドウ攻略指南図をついに、今日作りました。  

この図見て、うなずけた人、きっと根性ある人ですよね・・・・きっとラスレムのファンだと確信します。   後、3〜7人衆まで拠点を制覇するのだが、先はながそう!{海外でこの攻略をチェックしましたが、DISC2から、空欄になってます。・・・・どうやら、海外の大手のサイトもこれはクリアできていないようです・・・・・海外のレビュアーが低い点{6点前後}つけたのは、一般受けはしないと見たからでしょう。きっと。10点満点つけた人は、きっとゲームの本質を見抜いての評価だと確信しました}     ラスレムバンザイです^^。

      PXSUC目下、位置情報総合評価点99点。


↑の画像の文字が小さくて読めないというクレームがあったので、すぐに拡大製作しました。参考にしてください。↓↓↓


kyoten改.jpg
posted by ヒ゜クサック at 19:20| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009ゲームオブザイヤー発表集計{全世界大手ゲームサイト}発表<ゲームスパークより>

世界各国の大手ゲームサイトの、2009ゲームオブザイヤーの集計結果が出たようです。 さすが、ゲームスパーク{=PXSUC相互リンクサイト}は、すばらしい!!!    
   これで今年のゲームのほとんどの状況が把握できるわけですから・・・・

        ここからどうぞ⇒ゲームスパーク特集・ワールド2009ゲームオブザイヤー発表。
posted by ヒ゜クサック at 08:36| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイオハザードディジェネレーション{ブルーレイ}を注文しました。


↑・・・・PXSUCとしては珍しくゲーム以外の作品の紹介です。   しかし、バイオゲームファンとしては見逃せない、CG映画です。今年最後にリラックスして見れるのを楽しみにして到着を待ってます^^。アマゾンの評価↑も全体的に高評価なので、安心して買いました。

インプレッションは、今年か、来年の初めに書けそうです。  来年は、バイオ5も出るので、今のうちに、バイオフィーバーをしておこうと言う意味もあります。    期待して待っていてください。
posted by ヒ゜クサック at 07:34| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記W | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

トゥームレイダーアンダーワールド{Xbox360}4thインプレッション

lala climax.gif
ついに、最後のステージに来ました!  ここまで、やはり、大自然のギミックを解くような、ダイナミックなステージ構成は、シリーズ最高峰だと、断言できます。本当にアクロバットアクションをして謎を解くのが気持ちがいい!!   

たとえば、実際にエジプトで、ピラミッドの謎を、スケールを限りなくリアル路線で解くような、臨場感がこのゲームにはある。   

そのためには、大自然のグラフィックがすばらしく、描かれていることと、ララの表情が情緒豊かに表現{↑画像のララの表情がその証拠}されている必要がある。   これらの要素を見事クリアしているので、プレイヤーに与える、没入感は、シリーズの中で群を抜くできばえになっています。    

戦闘にさほど緊張感がないのは、今回は、この各国の自然の中で仕組まれた謎を解くほうに全力が注がれているためで、これはこれで十分にOKです。    

また、アクロバットアクションがシューティングよりも重視されたつくりになってますので、多少好みの差が出るかもしれませんが、

     位置情報PXSUC4th総合評価点は、99点です。
posted by ヒ゜クサック at 13:38| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白騎士物語{レベルファイブ}に思うこと・・・・・

結局買いませんでしたが、皆さん結構,やりだしているらしいです。  それで、ユーザー達の意見がゾクゾクとで出しています。 その評価で特に気に入ったのを選びました。↓↓{青い字です=アマゾン評価からの抜粋!}

全体的に、言って、未完成と言う感じと、レベルファイブの独特のカラーがやはり、足を引きずった感じです。  戦闘が単調と言うのがそれです・・・・・・ローグギャラクシーにもいえたことですが、いまいち戦闘の楽しさが十分に演出できていないというのが、レベルファイブのカラーでもあります。    要するに、まあまあと言う感じです。  10点満点で言えば、7点の感じ。   

これは製作者のセンスだと思う。      スクエニの、FFなどの戦闘担当の人たちや、カプコンの稲船氏などのセンスと比べて、格段の差がある。  どうしても戦闘がさえないというのがレベルファイブの特徴。   後、使い回しする同じフィールドの行ったりきたり、しかも、そのフィールドが広すぎ・・・・・そしてモンスターたちが、色を変えただけのような、使いまわしも気になる。この姿勢はPS2時代から変わらない。  

それ以外は、かなり演出も上手で、技術的に革新的なこと{ムービーや、キャラの演出が上手=特に女性キャラ}もするなどいいところがあります。  だから、ローグギャラクシーも結構、楽しめたのを覚えているし、ドラクエ8まで、手がけさせてもらえたのだから{RPGセンスは堀井氏によるものだったが、技術的にはレベルファイブは助けになれたと思う}・・・・。         


”みなさん気をつけてください。このゲームははっきり言って未完成です。
システム、シナリオ、演出すべて完成度が低すぎます。

プロデューサーの日野さんの発言が非常に歯切れが悪かったので
いやな予感はしていたのですがこういうことだったんですね。

皆さんもやってみれば私がなぜ怒っているのかわかると思います。”<アマゾンレビュアーー文,一部抜粋!>
PXSUCの結論として、白騎士は中古で安くなった時に買うことにします。それで丁度のような気がしました。  実際、作品をした様々な、レビュアーの意見などを、30以上チェックして、買わなくて良かったというのが、正直な感想。

中古で買った後、PXSUCもこの作品のインプレッションをあるがままに評価したいと思います。
posted by ヒ゜クサック at 10:26| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プリンスオブペルシャ・4thインプレッション

persia imp.jpg
先に進むほどに感じる、戦闘も良くできていると言う実感。システムも、初心者にも優しい。アクションは秀逸のアクロバット仕様で、申し分無しの爽快さと、楽しさが混合。 グラフィックは目を見張る以上に、大自然に包まれるような居心地よさを演出している。高所恐怖症の方は、足がすくむほどの、臨場感なので、要注意ですが・・・・。

そして、感じたことは、エリカとの会話が、RPGのように、プレイヤーを自己投影させてくれる、そのセンスに脱帽。

と言う評価で、まさに次世代機バージョン_プリンスオブペルシャで、製作者の意図が見事に再現されているといっていいでしょう。

        位置情報4th総合評価点99点で変わらず。
posted by ヒ゜クサック at 09:23| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オトメディウスゴージャス{Xbox360}を購買

otomeshoo.jpg
シューティングがなぜか年末になるとやりたくて、買いました^^/{この系統が最近少なくなってきたのも事実=ゆくゆくは誰か、この手の3Dタイプのシューティングを作ってくれないかな〜と言うのが目下の希望です、パロディウス3Dとか・・・}。  

前から気になっていた、グラディウス、パロディウスの流れをくむ、コナミの、純粋横スクロールアーケードタイプシューティングなのだ。    ボリューム以外は全て、最高点に近い評価が多い。

     にぎやかで、年越しにはもってこいのゲームだと思う。

      ↓はそんな、動画を借りてきました。
posted by ヒ゜クサック at 02:36| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

プリンスオブペルシャ・サードインプレッション

konnkyubaine.jpg
大きく別けて、ペルシャのお城は4区画に分かれており、それぞれにボスがいる模様。   やっと王宮の区画をクリア。  王宮最後ボス・コンキュバイン{↑画像}を撃破!   

ここで、エリカの分身の謎があります。    実はこれ悩みました。  ヒントは、”エリカは救助することができる”です。  なかなか良くできた、謎でした。  

この謎を解くと、コンキュバインとの最終バトルに入ります。戦闘パターンも大分なれて来ました。   死ぬことはないものの、良く練られたアクション操作で、はまり度はかなりのもの。カウンターはじき返し、即攻撃入力、のタイミングを会得したら、俄然バトルが楽しくなります。

そして、何より、足がすくむほどの、天にも届きそうな、高所での、アクロバットジャンプは、やはり、すごい爽快感があります。   雲の上に突き抜けそうな絶景のペルシャの宮殿でのジャンプアクションは、これだけのために買ってもよいとおもいます。

        サード総合評価点99点
posted by ヒ゜クサック at 09:12| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レフト4デッド{Xbox360} 体験版インプレッション

left4dead.jpg
体験版、約、40分くらいのオフラインモード2ステージをクリア。 それで、印象は・・・・デッドライジングがもっとアクションシューティング寄りに特化した感じです。

しかも、これでもかこれでもかと、ゾンビ集団が襲ってきます。  弾薬を切らさないよう、仲間とはぐれないよう、固まって行動するなど、緊迫感抜群の、スリル満点の展開になっております。     
  仲間が、「リロード!リロード!」と、何度も叫んで、危険を最低限緩和しようと励ましているのが、妙にリアルで、サバイバルの連帯感は相当なものがある。一ステージの目標はセーフハウスまで逃げ込むルートを探すこと。       
ゾンビ映画の真っ只中を感じたい人は買っても損はない、最高のシューティングを満喫できるはず。すごい、総合評価点9点{10点満点}   
posted by ヒ゜クサック at 04:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

ライズオブアルゴノーツ{両}購買決定。{白騎士物語/PS3・・・あきらめる}

riseofA.jpg
今年最後の注文になりそうです。  ずいぶん悩みました・・・・・・白騎士物語にするかこのライズオブアルゴノーツかを・・・。   白騎士は、そろそろユーザーからの評価が出てきてます。  

それでも賛否両論で判断できず、結果、最新ビデオ画面を見て、気づきました、レベルファイブらしい、作品だと思った。  やたらフィールドが広く、コツコツレベル上げに勤しむ、日本古来のRPGですね。  レベルファイブの作品はダーククラウドからのファンですが、気に入った作品は、初期のダーククラウド{85点}と、ローグギャラクシー{90点}ですね。      ドラクエ8は途中挫折してやってませんが、これも良くできた名作だったと思います。    その伝統を受け継ぐ次世代機の作品と見ました。   しかし、残念ですが、グッと引き付ける魅力にかけている何かを感じました、そのうち値段が下がったころに買うことに決めました{最新ビデオでは、そのくらいの魅力しかなかったから・・・}。        

それで、点数では白騎士と同じくらいの、海外の7点級の、このRPGでもある、ライズオブアルゴノーツに決めました。  理由は、評価点数は高得点じゃないですが、位置情報ダークセクター{両}位置情報P・Jのキングコング{Xbox360}、位置情報コナンザグレート{両}や、位置情報スパルタン{PS2}などの、7点でも、やってみるとドはまりのゲームの感じに似ているのを感じました。          

これらは7点と言う微妙な配点位置にあるのですが、大穴と言うにふさわしい、魅力を持っているからです。    だから、このライズオブアルゴノーツははずれかもしれないが買う価値あると判断しました。   ★★★評価点以外に購買を決める決定的な要素は、この魅力があるかないかが、大きな作品選びのポイントになっているのです{次世代機では特に}!!★★★
近日インプレッションをお楽しみに!!
posted by ヒ゜クサック at 06:02| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

プリンスオブペルシャ・セカンドインプレッション

princeimpression.gif
ステージの、アクロバットジャンプアクションのための、つくりが、秀逸。  あそこまでどうして行くの?!見たいな場所にまでいける、その頂上に到達した時の快感は、このゲームの、最大の見所となっています。  
過去のステージのギミックの何倍もの数で、ジャンプの爽快感を味あわせてくれる、これがこのゲームの目的であると確信。  何度もゲームオーバーになってストレスが起こらないように、エリカによる救助魔法が存在しているので何度でも、すぐに失敗したギミックに挑戦できるのがいい。   

惜しいのは、戦闘による緊張感がほぼ皆無だということ。  なぜなら、この戦闘にも常にエリカのヘルプがあり、敵を撃破するまで延々とループしながら、敵のHPを削っていけるから。   こちらが死ぬことはないと言うのが、戦闘のだいご味を落としている。  

しかし、アクロバットによるだいご味と数は、シリーズ最高峰なので。戦闘のマイナス要素をはるかに補っており、  やり応えは、悲鳴が出るほど、うれしい。      

戦闘より、、プリンス独自のジャンプアクロバットアクションで、ステージのギミックの謎を解くほうに、好みがある方には、このゲームは最高の贈り物となるはず。

       セカンド総合評価点99点。{プレイ時間、およそ8時間くらい}
posted by ヒ゜クサック at 05:14| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

PXSUC・2008ゲームオブザイヤー発表

pxgoty2008.jpg
今年、最後の注文ゲーム、プリンスオブペルシャを、購買、プレイして、ついに今年度2008、PXSUXによるゲームオブザイヤーを発表することができました。  ↑、どのゲームもすばらしい出来だったのですが、その中でもよりぬきのベストスリーは上のようになりました。

個人的な部分はもちろん多々ありますが、何かの参考になるのではないでしょうか。残す日にちもあとわずか、今年は本当に次世代機ゲームが爆発した年でした。   この勢いが2009年に受け継がれますが、この2008年はゲーム過渡期の最も勢いがあった年ではないでしょうか。   きっと、ゲーム全盛期は、ここから始まります。
posted by ヒ゜クサック at 09:05| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プリンスオブペルシャ{両}ファーストインプレッション

princefirst.gif
昨日、早速やりました。  いつもどおり結論から・・・・”すごい”です。  特に、アクロバットアクションが、楽しい^^、シリーズに受け継がれるアクロバットの爽快感はそのままに、ギミックが豊富で、やりがいがある。

バトルも、伝統の、システムを受け継いだ、申し分ない出来で、エリカと連携技もあり、爽快感がましたのは、進化の証ですね。

エリカの助けもあり、即死ゲームオーバーやり直しの、面倒がゼロ。何度でも験せるアクロバットアクションは、今回の最大の目玉であり高評価のプラス要素。 

 ICOのような少女を連れて逃げるような連帯感は格別で最高。  エリカは、確実にRPGのような、相方になってます{合間にエリカと自由に色んな日常会話や、ヒントのような会話ができるのがいい}”エリカ最高です^^”。  

そして次に、{↑画像}でも分かるように、グラフィックが超超きれいなのです、これも大プラス要素。描きこみの美しさは、次世代機中ナンバーワンかも

・・・・チュートリアルとしての1ステージと次の本格ステージで、2ステージをクリア。なかなかの達成感に加え、また1ステージにいくつもやりこみ要素があるのを発見!{光の玉を集めるのにプリンス特有のアクロバットの必要ギミック空間がちりばめられているので、挑戦意欲のある人は最高のステージ内容かも"あんな場所まで、どうやって行くんだ〜{>ー<}?!!”見たいなのがいっぱいあるぞ、攻略意欲を掻き立てるステージ内容だぞ^^/

最後にステージをクリアするとエリカの魔法で封印が解けて、大神のあのシーンを思い出すような、暗黒世界から、美しい大地が呼び戻る、その変化のカットシーンも圧巻の見所となります。   

海外でも、高評価ではあるが、色々問題もあるらしいですが、そんなこと、気にならないはずです。この完成度はシリーズに恥じない、またそれを超えた、秀逸なできに、PXSUCは、このゲームの位置情報ファースト総合評価点を・・・・・・99点としました。
posted by ヒ゜クサック at 08:06| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

レベル5・白騎士物語・ファミ通7・8・7・7に波紋!

個人的にも驚きました。  ファミ通前浜村編集長の太鼓判でも、この点数はさすが、引くでしょうが、原因がはっきりつかめず。    なぜに、7点が三つもと言う意見があちこち。噂ではオンラインが足を引いたとか・・・・   ファミ通では特に、いつも和製RPG大作には好評価が目立つのに、それでもこの点数は、チョット、ヤバイかもと憶測する人はきっと多数のはず。   「評価など鵜呑みせず、買えば地雷覚悟でやります」と言うコメントには、笑えた^^!「即効駄作なら売ります、だから買う」、も、分かる気がする。

PXSUCも記事はここまでにして、とりあえずは発売日以降の様子見と言うのが妥当だと確信!どんなユーザーの評価が多数出るのかが、ある意味楽しみです。  ではまた新しい情報手に入り次第、記事報告します。
posted by ヒ゜クサック at 04:01| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

PS HOME{PS3}バンダイナムコ特設サイトインプレッション

bannnamuhome.jpg
どんなものか、期待を胸に、言ってみました。  リッジレーサーと、ソウルキャリバー、そして鉄拳5の巨大施設を歩いた、風情で、ゲームショーの一ブースを覗いた様な感じで、少し感動。また、ドレスアップして、サンタクロースがあちこちにいたぞ!!

でも、見る部分は少ない。  コンパニオンがいるわけでもなく。     
  主役は、どのホールでも、チャットするみんなが主役で、盛り上げてる。   出会いもあり、なかなか。 しかもスケールもでかく、世界中の人との、出会いです。   メキシコ、アメリカの人たちとボーリングしたり日本語通訳したりで、やることが多すぎ。            
何人であれ、みんなゲームフリークなので、盛り上がり方が尋常じゃないのがすごくて、いい。アメリカの人から「キャー!スコール最高」「クラウドカッコいい」などを聞くと、なんかゲームには、まったく国境なんて、ないんだと、改めて、確認!!  

「白騎士と」、一言、言ったら、話題が途切れず、1時間くらいみんな、白騎士談義・・・・・さすが、これはいけると思った。みんなの素直な意見が、遠まわしでなく直接聞けるのがすごい!!!「評価なんて気にしない白騎士買おうぜ」「俺は買わん」「点数がなによ」など、生の声が聞けて、7・8・7・7のファミ通評価にもめげず、白騎士は、そこそこ売れると確信しました。

みんな期待していたんだな〜と言うのが良く分かった。
posted by ヒ゜クサック at 03:57| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

プリンスオブペルシャ{Xbox360}最後のPXSUC・2008ゲームオブザイヤーの候補が発送の報告あり。

2,3日中にインプレッションできそうです。それで、このプリンスオブペルシャがPXSUC2008ゲームオブザイヤーの今年最後の候補です{白騎士物語は候補から落ちました}。  なので、インプレッションと、ほぼ同時期に、PXSUC2008・ゲームオブザイヤーを発表します。  

すでにPXSUC2008ゲームオブザイヤーデータは出来上がってるのですが、プリンスオブペルシャがどの位の位置にいるかが未定なので,発表を控えてます。  後、2,3日後をお楽しみに。

また、そのころには、世界中のサイトでも、ほぼ発表が出揃うのではないかと思うのですが・・・・・その辺の情報も報告予定。
posted by ヒ゜クサック at 03:58| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PXSUCゲームニュース

pgamenews.gif
@白騎士物語{PS3}評価出る{ファミ通}⇒{7・8・7・7}”低評価”でした。  予約キャンセル者続出の予感。

APS/HOMEにバンダイナムコの専用ラウンジ出現。  12月18日から、鉄拳、ソウルキャリバー、リッジレーサーの特設サイト。・・・行くべし!!

Bアルゴノーツ{両}12月16日発売、ほぼ、海外評価出る。平均点5点{10点満点評価}・・・残念!!  候補からはずしました。

CWiiのソフトが、今年のゲームオブザイヤー2008の候補にさえ、なし=ゼロ。   いかにコアゲームが出なかったかを物語る現象です。   2008年はそれでも売上ナンバーワン。  売上に貢献したのは、ライトゲーマー{あまりゲームをやらないゲーマー達}の人口だったのだ。Wiiよ!2008年は期待してもいいのかな?!
posted by ヒ゜クサック at 02:30| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

ラストレムナントDisc2・サードインプレッション

第二拠点、相当、硬いです、第一拠点の2倍は強い。  かなりレベルを上げたにもかかわらず、無残な状態で終わりました。  

メンバーを変えようかとも考えてます。  基本は4ユニオンで平均HPが2000以上。   今回のボスは、ズイドウという、物理攻撃に長けた猛者と言う感じで、一撃がきつい。  部下も、物理攻撃主体の、ハード鎧兵といった感じで、囲まれて、ボコボコで終わりました。   
くやしい!!!  策を練ろうにも、敵の鎧は硬いので、一部隊を狙っている間にいつの間にか、囲まれるので、どうしたらいいか考えあぐねます。   むむむむ〜クリアしたら攻略指南します。  がまだ、光は見えず。・・・・追ってまた連絡します。
ラストレムナント・・・・気づいたのですが、サイドクエストがめちゃくちゃ多いので、途方にくれそう。Disc2に入ったら、かなりの量のサイドクエストが出現するぞ!!   

やりこんだら、100時間くらい行きそうです。これからDisk2に入ろうとしている人は、覚悟がいるぞきっと!拠点を全部クリアするには気が遠くなりそうなレベル上げと膨大な数の雑魚戦を覚悟しないといけないようです。相当、中身が、作りこんであるのを感じる。只者じゃない出来具合だ。でも、これが、苦痛じゃなく、うれしい悲鳴の方なんです^^/
posted by ヒ゜クサック at 08:47| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

トゥームレイダーアンダーワールド・サードインプレッション

tomb nazo.jpg
とにかく2面のタイランドのステージを、約4時間位かかってクリア、しました、戦いはは控えめで、たいしたことはないが、謎が、圧倒的なスケールで描かれている一筋縄では解けない謎が多々あるが、解けたときのスケール感は度肝を抜くくらいの感動を呼び覚ます!!=決してこの表現が大げさでないことは、このタイランドの第2ステージをクリアすれば誰もが感じるはず!!}。  何といっても、大自然の中で、じっくり考える楽しさがある。   謎を解くスケールが、まるで、実際の古代文明の遺跡にいるかのように、ため息が出るくらいの大きなスケールで展開するのだ。    グラフィックによるタイの古代遺跡の描きこみは、正直言って、”やばい”です。
 
これぞ次世代機というくらい、自分が部屋にいるのを忘れて、大自然に放り出された、錯覚を覚えるといっても大げさでないほどの臨場感。  
このレベルでも、海外では8点レベル・・・・・10点のはずだろうが・・・!  海外の人の目は、贅沢になりすぎて、本質が見えなくなってしまっているのかもしれない。  これぞ、最高の謎解きアドベンチャー、10点満点の迫力の謎解きワールドを体感せよ。

      アクションも織り交ぜた謎解き大好きな人、絶対買いです!!!PXSUCが保証します。
posted by ヒ゜クサック at 06:12| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

Home{PS3}サードインプレッション

ホームはまず、ただ{free}と言うのがいい!

そして、オンラインに起こりがちな、フリーズやリンクデッド{回線不通}に、常にアップデートで、また、世界を地域{ゾーン=今のところ5個くらい}に別けてアクセス満杯にならないようにワープして待ち時間短縮など万全の体制がなされているのがすごい。   

ソニーはこれにかけていますが、超長い目で成功を画策しているようです。   

そん所そこらの、オンラインコミュニティーサイトと違って、ソニーの本気モードがここにはほとばしっているのを感じる。

そのうち、ここに来てボーっとしているだけでも満足な環境になっていくと確信してます。 まだ、出来立てほやほや、いろんなことあるけれど、長〜〜〜い目で見守って行きましょう{ソニーに応援の拍手を}。
posted by ヒ゜クサック at 01:46| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

PS3はゲームでナンバーワンを目指してはいない。

bluePS3.gif


PS3の勝利が11月に達成したという内容の記事です。  専門的なことは除外して、要約すれば次のようになります。

ブルーレイとしての機能としては、11月に、十分目的を達成できたので、後は、ゲームでもジワジワ成功していけばいいという内容です。  ソニーのPS3の位置づけはもともと、ゲーム機オンリーではなかったというのは、ロンチから聞いていたことですが、セルの働きでのコンピューターの役割が,ハイデフのために緻密に機能別に別けられていて、ムービーに最適設計らしいです。  ゲームでは3番手でも、ブルーレイなどを生かした分野、すなわち映像面での勝負では十分に、PS3は売上に達したというわけです。これから後2年間で、ゲームもHD化が加速するので、高級なセルでのコンピューティングが必要になる、そのときPS3がゲームだけでなく映像面での勝利を収めるだろうと、言うことです。

PXSUCもこの記事で、なぜソニーが焦って、プライスカットに踏み切らないか漠然と理解できたように思えます。シンキングシップの記事も海外ではありましたが、実は、こちらの方が有力な内容かもしれません。ソニーは焦っていないというのが本当かも知れない。ゲーマーとしては残念ですが、遅咲きPS3と言うことで、これから先の2年間で、ジワジワそのPS3の効果が発揮されていくのを期待しましょう。


ここから原文へ{海外}
ご意見感想などありましたら、お願いします。:PXSUC
posted by ヒ゜クサック at 12:55| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Home{PS3}セカンドインプレッション

homesecond.jpg


巷にセカンドライフとか、様々なバーチャルワールドがありますが、このホームもそれに似てはいますが、ゲーム好きが集まる、サイトとしては、出色のでき!で、別物と取らえた方がいいかと。    気軽にしゃべれたりするのも、ゲームだけに特化されているので、誰と話しても、すごく前向きになれるのがいい。

Homeは、今はまだ、出だしなので、物足りない部分も多々あるが、すごい可能性を秘めた、ワールドをすでに構築している。また、すでに、海外の人もたくさんいるようで、英語が飛び交ってました。  

PXSUCはたまたま、スペイン語で、誰かしゃべれる人いますかとチャットしていたので、英語ならと話しかけました{画像↑}。ゲームの話をすると、妙に盛り上がってしまい、海が見える場所に行こうといって、景色をうっとりとを見ながらメキシコのゲーム事情1時間くらい語り合いながら、のんびりしました。向こうでも、日本のゲームや漫画は相当流行しているそうです。ナルトのファンがたくさんいるのだということを知りました。メキシコでは、ロコロコや、メタルギアのファンもかなりいるそうです。

ファミ通のイベント会場もあり、相当盛り上がってました{画像↑}。

ここは、単にゲーム情報を得る場所でなく、このPXSUCのサイト名”ゲーム好き集まれ”を実現したバーチャル空間だといえる。 その証拠に、みんなとチャットする時に、ラストレムナントなどの話題を提案したとたん、延々と、ラスレムの話題が途切れることなく続きました。  全員がゲームフリークなのだと確認。プリンスオブペルシャも一言代名詞を入れると、たちまちXbox360の方が早くできるので、即買いだの、話題が爆発しておりました。

ソニーは、今苦境にあるようだけれど、Homeは絶対成功すると確信できた今日でした。

   それでHomeの位置情報セカンド総合評価点は90点と言うことにします。

   僕のサイトのファンの方、もしHomeで、出会えたら話しかけてください。通り名はもちろんPXSUCでうろうろしてますから。
posted by ヒ゜クサック at 11:20| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PS3が危ない!{sinking ship?!}

sinkps3.gif


11月の売上結果で、Wii、Xbox360など、大きな伸びを見せたゲーム部門は、経済の落ち込みとは無縁の如く勢いがある中、PS3だけが落ち込んだ状況。  

11月は、PS3とHDTVの組み合わせ販売で、売上が伸びるはずだった、ソニーのもくろみも大きく外れ、エレクトロ部門自体の不振の影響も受け、ゲーム部門はソニー不振の大きな犠牲者になってしまった模様。  特にPS3がそんな影響の最大の犠牲者であったはず。  

専門筋では、このまま行けば、PS3は、沈む船の如く、ゲーム売上競争から脱落する可能性もあると語られています。   具体的には、PS3のプライスカットが可能になる2009年始めまで{具体的には、春ごろには、プライスカットしても良い採算ポイントに入るらしいです}には、待てない競争状態にあるからです。
  
目当ての、ブルーレイ機能も、リトルビッグプラネットの人気も、昨日から、稼動したホームによるネット人口の増加{IGNの評価によると、このホームこそソニーの最大の失敗例だとも、評価されました}も、全て期待通り行かず、採算が取れない状況に陥るはずだという意見です。

ソニーが気づかなかったのは、”最高の品質なら、人々が多少高くても、きっといつかは、買ってくれる”という誤算のことです。

もはやゲーム機に3万円以上のお金を払う余裕など一般消費者にはなかったということに気づかなかった。これが、今、船が沈みつつある最大の原因だったということです。   2009年は良質のゲームソフトが軒並み出るのだから、それを機に、ソニーはすぐにでも採算割れを覚悟で、プライスカットをすることしか道がない、でなければ、ソニーが培った、ゲームと言う市場から撤退を余儀なくされるかもしれないのです。2009年初頭に、ソニーは大勝負をする必要があると、専門筋は結論しています{長い目で見れば巻き返しのチャンスはあるとソニーは見ていますが、遅すぎる決断は、シンキングシップと言う代名詞で語られたように、危険とも見られています}。  

あなたのコメント・意見はどうでしょう?お聞かせください。:PXSUC
posted by ヒ゜クサック at 03:54| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

ラストレムナント・攻略指南込みDisc2セカンドインプレッション

daiichikyoten.jpgsnivan.jpg
<第一拠点ボス・スニーヴァン>
今回は第一拠点のボスクリア方法の一部を攻略指南込みでインプレッションします。↓↓


Disc1の最終ボスの10倍は強いと考えて丁度位です。  第一拠点のボス・スニーバンは、強い部下に守られているので。まず部下を叩くこと!   特に、魔法系の2ユニオン{向かって右側}から撃破しないと、遠距離から、全体ダメージのスモークショットなどを頻繁に使ってくるので、すぐに全滅する羽目に。   この2ユニオンを撃破すると俄然残りのユニオンは撃破しやすくなる。  

そんな作戦で、雑魚を一掃すると、スニーバン一体になる。  しかしスニーバン自体も相当硬いので、地道に、回復や、蘇生をこまめに繰り返して、↑の4ユニオンを確保していくこと。   ボスには即死系の技があるが、一回繰り出せば、次発動までに時間があるので、その間に、できるだけダメージを与えていこう。士気は、いつも押され気味だが、あせらず2000ダメージ位を80回ほど与えていくと、撃破できます。    また、レベルは↑の表くらいに上げておかないと、勝てないかもしれません。
posted by ヒ゜クサック at 09:42| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沈んでいくソニーのPS3と言う船{CNN関連より}

cnnlogo2.gif


↑CNNマネーコムに、PS3を沈む船にたとえて、売上が下降している現状の詳細が述べられていました。     やはり、誰が見ても分かるように、原因は本体の値段の高さにあると、結論が述べられていたように、消費者がゲーム機として買いたいと思える値段でないということです。頼みの綱のリトルビッグプラネット、そしてHome、そしてブルーレイも、消費者の購買力を誘引するパワーはないと結論付けられています。

だから、船を再び、浮かばせるには、唯一つの方法しかない・・・・すなわち、PS3本体値段を大きく下げる!  これが全てだと述べられていました。    その時期も春までが限度だとPXSUCは思う。  ソニーがどうして単純なこのことに気づかないのか不思議だが、大幅プライスカットすればどうしようもない火の車になるからかもしれない、だから、分かっていてもプライスカットができないのだと思う。チャンスはもう今しかないというのに・・・・
原文記事はここからです
posted by ヒ゜クサック at 07:01| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

緊急報告・HOME{PS3}が、今日無事起動&ファーストインプレッション

homefirst.gif
何気に、期待してなかったのですが、PS3を点けるとナント、Homeのロゴが!!!!   喜び勇んで、すぐにダウンロード、10分くらいの時間の後↑のような画面に入れました。広場は、イベント会場のようで、なかなかの雰囲気。  各建物も、散策しましたが、ゲームなどの施設もあり、雰囲気十分。  

いけるのではないか。  マーケットにも入りましたが、巨大スクリーンが新宿アルタのビッグスクリーンみたいでこれもなかなか。    とりあえずは、1時間ほどのんびりしましたが、これから少しずつ世界を広げていくのだろうけれど。これはおそらく成功するだろうと思った。        
  
ゲームショーは東京で年一回だけだけれど、ここにくればいつでもその雰囲気が味わえるようになるのではないかと思いました。自分の部屋もあります。  

      この発想は、21世紀のスタンダードになる予感。可能性もこの空間では無限大に広がっていきそうで、PXSUCは位置情報ファースト総合評価点、とりあえず80点をつけます。

とりあえずはおめでとうございますソニーさん、応援してます、頑張ってください。
posted by ヒ゜クサック at 22:56| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Playstation Home {PS3}は、出だしからずっこけたようです。

zukkoke HOME.jpg
待てど待てど、HOMEロゴがXMB画面に出現せず!     
   ブログ連中の記事には、怒りの発言が爆発してました。       PXSUCも期待したが、やはりこの程度かと、がっかり。

らしくない、対応の低さにもショック!   遅れるなら、全世界に向かって、お詫びの告知ぐらいするべきだろうが!

    出足がこれでは、チョットです・・・・・

   でも、もう少し待ってみるか・・・・・・ソニーはほんとうにかわってしまったな〜と言うのが第一印象!!!


唯今、ニュースで、テクニカルプロブレム{技術上の問題}でHomeに、入れなくなった、と連絡が入りました。  謝罪の内容は、あくまでも、ベータなので、当然のことであるというよな、文面に、またまたショックを受けました。   ベータだからといっても、全世界のユーザーが11日待ち望んでいたことなのだから、メッセージボードに謝罪文を入れるべきだと思う。  告知から1日たっても、その分がPSNで流れないのが、不思議なくらいです。この点にコメント皆さんいただけないでしょうか!?。:PXSUC  ソニー終わったかも!

オフィシャルではないですが、17日に延期になるかもと言う噂もあります。
posted by ヒ゜クサック at 02:37| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

PXSUC・ゲームニュース

pgamenews.gif


@ドラクエ]がWiiで、すでに開発が進んでいます。

Aフェイブル2が、ゲームオブザイヤー2008に輝きました{Xplayコム}

BTime誌が2008年度ベストゲーム10を発表しました。ここからチェックどうぞ。TIME誌   個人的に、8位のHunted forever{フラッシュゲーム}が面白そうですね。
posted by ヒ゜クサック at 05:51| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Home{PS3} 今日、オープン!!!

homeopen.gif
”ついに来ました、この日が。”  いきなりの発表に驚き。   夕方以降、ダウンロードして参加可能だということです。      
フィルハリソンも絶賛のオンラインコミュニティーは、如何ほどのものか、PXSUCは今夜インプレッションを書くつもりです。そして10点満点評価をします。よろしく。  ソニーの命運がかかる、21世紀最初の、大勝負。吉と出れば、すごいことに・・・・それとも暗雲が・・・・どちらに転がるかは、女神が決める。

詳しくは、ここから。ゲームウォッチ
posted by ヒ゜クサック at 05:16| 埼玉 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲームトレイダーズ{ゲーム物々交換サイト}紹介

gametrader.jpg


今、ゲームを安く手に入れる方法は、オークションや、ゲーム販売サイトを巡る事でしか可能ではありませんでしたが。   お金が、介在していたので、どうしても敷居がオンライン上では、高かったようで、参加を渋っていた人たちに朗報です。    

        ナント、このゲームトレイダーズではゲーム同士を交換することによって、ほしいゲームを手に入れることができるのです。  方法は、シンプルで、このサイトが作った、コインを媒介に交換すればいいだけ。     ほしいゲーム←コイン→売りたいゲーム  で条件成立。    登録も簡単で、あっという間!  是非、お家に眠っているゲームをすぐに引き出してきて、コインをもらって、それを、自分が次にほしいと思っているゲームに使ってそれをゲットしましょう。
PXSUCも、試してみたところ、すごく簡単で驚いたほど。   2,3個眠っていたゲームを表示してみました。  それで、ほしいゲームリストも表示して置いたので、後はメイル連絡を待つだけです。    お金が介在していないのが、こんなに気楽だとは想像もしてなかった!    ↑画像をクリックでサイトに入れます。是非、あなたも試してみてください^^/。
posted by ヒ゜クサック at 03:40| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

PS3 VS Xbox360 の2009年を予測!{PXSUC}

PS3 VS Xbox360.jpg


色々な海外記事や様々なデータを下に、来年のPS3とXbox360の動向を予測したいと思います。 ↑は、 大まかな★評価ですが、的をそれほど外れてはいないはず、そんな予測データを基にして、PXSUC独自の判断で、結論を大胆に出してみました。

特に、金色の★マークの、ゴッドオブウォー3は、実際、このゲームを体験をした人が、どんなゲームにもなかった、すごい、見たこともない映像体験をしているそうです。2009年のゲームオブザイヤーは確実とまでいえそうなくらいすごいゲームに仕上がっていっているそうですので、要注目です。

それと同じくキルゾーン2も、デモ映像がこの間、紹介されていて、これは、待たせた分、元が十分取れるくらいの凄まじい完成度のようです。

また、Homeも、元ソニー幹部のフィルハリソン氏が実際体験してみて、理想どおりの完成度にまでなったと、感激の言葉を述べていました。

そのほか、Xbox360は、隠し玉ソフトが沢山あるので、2009は大丈夫だという噂が流れています。

PS3は↑のデータでも分かるように、具体的にも、すごく完成度の高いソフトが目白押しで、2009年、もしPS3本体大幅値下げがあれば、2009年はPS3の年になるだろうと予測する専門筋の記事がありました。

PXSUCも本体の値段が全てのPS3の命運を握っていると確信します。  

あなたはどう思いますか、この結論に対して・・・コメントお待ちしてます。:PXSUC
posted by ヒ゜クサック at 12:19| 埼玉 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラストレムナント・Disc2ファーストインプレッション

disc2LR.jpg
Disc2はDisc1とは別物の、ソフトだと思ってやった方が楽しいぞ。  なぜなら、7人衆と名付けられた、ボス戦が、待ち受けているのだから。   この設定はすごく、楽しい。  

一癖二癖あるボスを一体、一体倒して、敵の本拠地にたどり着くという設定は、ありそうでなかった、漫画の題材になりそうな面白さ。  たとえば、北斗の拳みたいな、最後のボス・ラオウに行き着くまでの過程で、色々なボス達{南斗7聖拳}と戦っていく、あのワクワク感がある。   

    攻略は、至難の業に近いかも、なぜかと言うと、最初の拠点でいきなり挫折しましたから。それに、拠点のボスに行き着くまでも、雑魚の大量な軍隊にも、全滅させられたほど・・・。  やっとたどり着いた、最初の拠点のボスにあっけなく撃沈させられた悔しさは、それは本当に、相当な脱力感でした。    

しかし、きっと、レベルを上げて、こいつを撃破するんだという、挑戦魂に火がつきました!!       メラメラです!   

とにかく、そんなボスがこれから、7人も待ち受けているというだけで、ゾクゾク感が止まらないほど、ゲーム魂の雄たけびが内から聞こえて来るのです。    
   やっぱり、このラストレムナントは最高のRPGでした

     またまた、位置情報DISC2ファースト総合評価点100点です^^。
posted by ヒ゜クサック at 09:40| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

ギアーズオブウォー2{Xbox360}セカンドインプレッション

gears2 second.jpg
ゲームが5,6時間位経過すると、単に、エイリアンと戦うだけではなく、”とんでもないシチュエーション”がプレイヤーを待ち構えています。それが、とんでもなく奇抜で面白い{↑画像、なぜ全身が真っ赤なのか?!}。そして、これらが、さらにトラップなどのギミックの工夫で、単調になりがちな、シューティングの絶妙なスパイスとなっているのだ。ゲームをクリアした後の感触は、高級な、ディナーを、味わう感じがあるといえば、分かりやすいかも。「本当に、良くここまでバラエティーにとんだ演出ができるものだな〜!!天が与えた才能としか思えない・・・」 

このゲームは、また、物語も良くできており、演出とともに、プレイヤーを、ぐいぐい引き込むパワーを持っている。ストレス解消には、これほど効果のあるゲームはないかと・・・・・戦いの燃焼度は120パーセントです。これでもか、これでもかと、来ますから、ご用心。

       セカンド総合評価点100点

      面白さはゲームオブザイヤー級です。 確実に2008年のノミネート作品になります。
posted by ヒ゜クサック at 22:52| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Xbox360に、将来{2009年以降}にわたり危機が・・・・{海外記事より}

DVDs.gif


”海外で、気になる記事を見つけたので、掲載して置きたいと思いました!   今後の、Xbox360の明暗を左右しそうな、重大な記事の内容です。”
There have been countless rumors over the past year or so, ever since HD DVD became dodo-esque, of an Xbox 360 Blu-ray drive, either built in to the console or sold as an add-on, but all have seemingly come to zero. Star Ocean: The Last Hope may just be the thin end of a very thick wedge heading Microsoft’s way, and I suggest it needs to act before games at the end of this generation start needing five or six DVDs. Xbox 360 Final Fantasy XIII anyone?

       
↓和訳↓



HDDVDが絶滅種のような結果になってから、かれこれ、Xbox360は、ブルーレイを導入すべきだとか、本体付属として導入すべきだとか、噂が持ちきりで来たが、結果として何もおこらなかった様である。ところが、スターオーシャン4ラストホープ{来年春発売で、3枚組のDVDが必要になった}にいたり、この事実が、一見大したことでないようであったが、かたくなな、MSの方針を優先することで、、重大な結果として現れるかもしれないことになって来たのだ。というのも、これから先、ファイナルファンタジー13が発売された場合、これでは、5,6枚のDVDが必要になるだろうということを意味しており、そうならないためにも、MSは、今のうちに手を打たなければならないということを示唆しているからなのです。


   コメントあればお願いします。:PXSUC
posted by ヒ゜クサック at 20:45| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

ギアーズオブウォー2・ファーストインプレッション

gears first.gif
日本で発売が中止されたので、アジア版をゲットして今日やりました。    それで、結果から発表。   すごいです。    何が?!   まず、スケールがでかい。  そして、システムなど細かい操作性など全てが、オリジナルより洗練されて、切れ味絶妙の展開は、度肝を抜かれる思い。    
          前作でものっけから、ジェットコースターのように、プレイヤーをゲームの世界に引きずり込んだ、様に、今回も、それ以上の圧倒的なスケールで、プレイヤーを唯、画面に釘付けさせる、パワーに溢れている。  とにかく銃を撃っていても動いていても何をしていても、気持ちがいいというのが、最大の長所。

そしてエイリアンとの、最終戦の如く、人類の未来をかけた戦いが始まる、そこに色々な人間模様が、描かれて、ヒューマニティー溢れるストーリー展開は見事!  「おのれ!エイリアンめ!」と言う感じでプレイヤーを奮い立たせるパワーに満ちている!  

とにかく最初の1時間程度でこれほどまでにのめりこませた、演出は、稀で、それだけでも、ゲームオブザイヤーかと、評価したくなるすごさが、このゲームにはある。  すごいオーラのようなものが、出だしからほとばしっているのを感じる。尋常じゃない出来具合に、プレイヤーはきっと打ちのめされることだろう。

         そんなわけでとりあえず   

      位置情報ファースト総合評価点100点です。{最近ゲームにPXSUC評価、100点が多いですが、それだけすごいゲームがドンドン出だしているって事です。}

    ”日本でこの名作が、何らかの形で、発売中止されたけれど、本当にゲーム鎖国日本を印象付ける出来事です。   これからこの調子じゃ、ゲームは海外からドンドン取り残されていくことでしょう。カジュアルゲームばかりが横行する日本ゲーム事情は、なんだか、気の抜けたサイダーのような印象を受ける。   いつからこんなにつまらなく成りだしたのだろうか、日本人のゲームセンスは・・・・・何とかしろ!といいたいけれど、これだけは、一人だけではどうしようもないことで、いいゲームを気づく、目を個々のユーザーのみんなが持たない限り、日本は、海外から取り残されていくでしょう・・・・ ”コメントあればお願いします。:PXSUC 
posted by ヒ゜クサック at 08:10| 埼玉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイオハザード5、とコマンドアンドコンカーレッドアラート、のデモ配信{Xboxライブ}

xdemo.jpg
PSNでは、まだ予定ない様です。 しかしXboxライブでは昨日から、この二本が、配信されています{この辺が、PSNより、やはり一枚も2枚も上手をいっている感じのXboxライブです=ゴールドメンバーでお金を払っている価値がここにあるのです}。         
   バイオ5は、ナント、日本が世界で最初の配信、で、これをダウンロードできると言うので、海外では、うらやましいというメッセージが数多く見受けられています。   PXSUCも早速やってみました。  

映像とか、演出は相当すごいものがあります。  しかし、右スティックでの操作が、最悪のぎこちなさで、少し、がっかりしました。  視点が揺れ動きすぎで、従来の操作に戻してほしいと思った。  これではせっかくのこのゲームもバイオシリーズの汚点となりかねない操作性です。   製品版までには何とかすると思いますが、意外な欠点を見てしまったという感じです。  この操作性でもし製品版を出せば、評価がおそらく7点以下になると予測されます。

コマンド&コンカー3 レッドアラートは、ソツのないシリーズに恥じないできでした。  グラフィックと操作性が向上しています。  ゲーム本編も初心者にも優しいつくりで安心設計。  難を言えば、シリーズ物としての進化はグラフィックと操作のみに見られ、ゲームとしてのプレイは、似たり寄ったりです。    しかし評価点8点以上は出せる、シリーズ物に恥じない出来具合です。

以上、ライブはやはりいいです!!   PSNはいまいちパワーとスピードがないと思った。
posted by ヒ゜クサック at 04:52| 埼玉 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

トゥームレイダーアンダーワールド・セカンドインプレッション

映画のような、圧倒的な演出で展開する、トゥームの世界観は、シリーズ最高の冒険アクションアドベンチャーを満喫できるつくりです。とにかく、映像などを織り交ぜての紹介です↓


tombdasshutsu.gif


アクションとなぞ解きギミックなどの巧妙さと演出のすごさを考慮に入れて、↓↓↓

       位置情報セカンド総合評価点99点
posted by ヒ゜クサック at 02:13| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

PXSUC、12月のもう一つの期待作・アルゴノーツ{両}

arugonauts.gif
海外で、評価点がまだ出てませんが、プリンスオブペルシャと並び、12月期待度100パーセントの、作品が、PXSUC超一押し期待作アルゴノーツです。    海外発売が、12月16日発売なので、海外予約をするつもりですが、今のところ、まったくレビューが出ていないので、様子見です。     

   海外の前評価では、相当感触がよさそうです。   ゴッドオブウォーと同じような、ギリシャ神話の神々との契約が、主人公を魔界との戦いに導いていく・・・・そんなファンタジックアクションRPGです。戦闘が相当リアルで重量感あるそうです。  これを聞いただけでも、背筋にゾクッとするものが走ります。  おそらく、予約は確定のはずですが・・・・期待してお持ちください。
posted by ヒ゜クサック at 05:07| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

ラストレムナント・DISC1クリア6thインプレッション{最終ボス3戦・攻略指南}

disc1clear.jpg
このラストレムナントは、今回、シミュレーションバトルが組み入れられていると見ても間違いありません。  

難度もボス戦になると、そのシミュレーション度が格段にアップするので、ユニオンの数とか、メンバーの配置などが勝敗を分かつようになっています。アバウトな部分もありますが、緻密な戦略の要素を頭に入れないと、攻略は厳しいものになります。

海外でこれが人気ないのは、RPGに深い戦略要素が入ったために、シミュレーション"べた”の人たちは、軽くクリアできないため、既存のRPGの戦闘を期待しているので、ストレスがたまるようです。   海外評価に、このゲームは、RPGと言うより、シミュレーションの分野に特化した方が良かったのではないかと言う批判があります。

PXSUCはストレスどころか、バトル攻略に新鮮な奥深いシミュレーション要素が入ったので、涙が出るほど感動しているのです。 今回のディスク1の最終ボス3戦バトルは、まさにユニオンをいかに組むかに頭を使いました。   一筋縄では行けないぎりぎりのバトルに勝利した時の感動は、計り知れない感動として残りました。         

バトルシステムの大きな挑戦が成功していると思います。  とにかく楽しい。    このぎりぎりのところがストレスと出るかどうかで、評価点が大きく揺れ動くのだと確信しました。

    個人的にはやはり、このゲームはすごいです。最高です。

       位置情報6th総合評価点100点。   

    あなたの感想はそういう観点から見て、どうですか?!

     コメント感想ください:PXSUC
posted by ヒ゜クサック at 10:03| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする