2006年12月30日

モーターストーム・衝撃&驚愕ファーストインプレッション

      衝撃&驚愕と書いたのはけしって誇張じゃなく、ヤバイくらいすごかったのでつけたのです。          とにかくグラフィックが、超絶やバイです。これは実写と見まがうじゃなく、実写よりきれいで、すごいです。グランドキャニオンのような、景色は、まるで吸い込まれそうな気になります。               そしてこのスケールの大きさが、まさにグランドキャニオンそのもので、せこくて小さなレースステージじゃないといえるのが驚愕。          ゲームでここまで描ききった作品はこれが初めてで、見るものを唖然とさせずに おれなくさせる程の迫力です。     まさにここが衝撃!。        そしていざゲームをすると・・・ステージの描きこみに勝るとも劣らないそのバランスの取れた、面白さに釘付け。           とにかくこの奥深いゲーム性と、初心者にも入りやすいこの作りこみは、信じられない程のもの。そして、今までのゲームと違って、飽きが来なくて、奥深く感じられるのは、敵車のAIと物理演算による反応が、かつて見たことのないほどのリアルさを強化していて、レースそのものが、やるたび、次に何が起こるかわからないワクワク感があるのが、原因だと思います。このグラフィックとゲーム性は,PS3だからこそできたと断言できる程のもの。           PS3の底力を垣間見たい人は、このモーターストームで、確認できます。********モーターストームで今年最後のインプレッションになりますが。来年またお会いしましょう。晴れ皆さん良いお年を黒ハートハートたち(複数ハート)黒ハート!!!
posted by ヒ゜クサック at 23:12| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

ロストプラネット・セカンドインプレッション

lost-planet-20060823023523325.jpg唯今、2ミッションをクリアしました。そこでインプレッション。           第一ステージはチュートリアル的なステージですが。最後のボスが、歯ごたえあり。というのも、VSを如何に上手く使いこなせるかにかかっている、このボスステージは、上手く理解できていないものにとっては過酷以外の何者でもないです。        本人もそれで、一回もクリアできず。    それというのも、落ちているガトリングを装備できていないのが原因で、片腕だけで、攻撃していたので、クリアできるわけがない。        Bボタンで、ガトリングを拾い装備することで敵のゲージが減る速度が倍になる{しらなかった〜!!!=VSも拾って装備できるのか!}。          これでガトリング一個の状態の苦戦から脱却しました。     倒したぞ!!       この時点から、ロストプラネットの真髄にはまった自分を見つけました。        さすがカプコンの稲船氏、このアクションの実力は、世界一、・・・デビルメイクライや鬼武者、ロックマンに引けを取らないそのゲーム性は次世代機でさらに台風次世代ビッグバン台風しました。             アクションはやっぱりカプコンだな〜としみじみ思う瞬間でもありました。           そんなこんなで、第2ステージへ、この勢いで突っ込む。そこでどっぷりこのロスプラのだいご味に浸りました。最高!!!の一言。      このステージのボス戦も、第1ステージの数倍の感動むかっ(怒り)。       飛び散る破片、噴煙、ガトリングや、ロケットランチャーを屈指してのロボットと人間の壮絶な戦いがそこにあります。         そして、サーマルエナジーの存在が、攻略の重要な味付けになっているのが分りました。         これが減っていくのを常にチェックする緊張感がたまりません。ゼロになるとHPがあっても、強烈な一撃でゲームオーバーになります。サーマルエナジーをためていれば、その一撃死を逃れ、再生&反撃ができるというわけ!         このサーマルエナジーの存在が、強烈なゲームを盛り上げるスパイスになっていることは、間違いありません。                       そんなこんなで、初心者にはきついアクションですが、誰でも、イージーですればかなり楽しめると思います。             とにかく超リアルなグラフィックと、ゲーム性やアクションの面白さが、ぎっしり詰まった、超娯楽作品です。         紛れもなく次世代機の数ある作品の中で世界に誇れるジャパニーズアクションゲームの金字塔になれます。    すごく面白いですこのロスプラは!
posted by ヒ゜クサック at 22:59| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

今日、モーターストーム{PS3}注文!

928393_111606_screen017.jpg928393_20061211_screen001.jpg928393_122006_screen048.jpg928393_122006_screen026.jpgアマゾンのレビュアーの星評価を見て、驚き、ほとんどの人が絶賛!★5が半数近くいたぞ!         しかもほめているところに全て共通点あり。         まず物理演算処理による、表現力のすごさで感動という内容と、フィールドが広すぎるぐらい広い、のでやりこみの可能性がいっぱいあって飽きない。            何でも70車線ぐらいの広さだとか、普通多くてもレースゲームはラリーでも何でも5車線が最高だったはず。一度こんな広いフィールドで、ラリーレースをしてみたかったのだ!!           しかもバンプや溝などで道が舗装されていない、フィールドをワイルドにネ!              そして驚愕のありえないぐらいリアルな細かく描かれた、グラフィックは必見だとか。写真かと見まがうリアルさらしい。          そして、クラッシュのシーンがド迫力で、小さな部品までも飛び散る弾み位置が、完全物理演算で処理されていてそれを見ているだけでも楽しいとか。         ボタンひとつでストップモーションできて360度どの方向からでも、ぐりぐり、その破片が飛び散る様までもじっくり鑑賞できるそうな。            二つとして同じクラッシュシーンはないとか・・・つまり自然シミュレートがPS3の、演算能力で完全実現しているのです。*******まだ手に入れてないのにやいのやいの行っても始まらないので2,3日後の、ファーストインプレッションを絶対逃さず読みに来てくれ!以上////////ユーチューブから、選り抜きの映像を抜き出していきました。続きを読むから鑑賞できます。すごいぞ!続きを読む
posted by ヒ゜クサック at 14:30| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記W | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

モーターストームがほしい!

PS3ソフトの中で、今一番ほしいソフト。         それがモーターストームです。                何といっても、物理演算による精密な物体の挙動これだけでも、見てみたいし、路面の影響がマジ、レースに影響するラリーもぜひ体験したいです。          乗る乗り物で、同じステージがまったく別物になる展開も、やってみたい。        とにかく相手をクラッシュさせるのが作戦のひとつでこれが、PS3の計り知れない物理演算処理能力とあいまって、すさまじいまでのレース展開のだいご味を体験できるとか。        おそらく近日中に入手できるので、インプレッションをお楽しみに黒ハート!!!
posted by ヒ゜クサック at 22:19| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロストプラネット・緊急ファーストインプレッション

lost-planet-extreme-condition-20061215030309484.jpgcapcom-unveils-lost-planet-20051210041154050.jpg昨日手に入れたロスプラを早速やってみました{約40分くらい=40インチ液晶大画面で}。それで、感想は・・・・出だしの、息をものむ展開のオープニングは、必見中の必見!!予想通り・・いや、予想を超える、できに満足の一言。すごいです、次世代の底力見せ付けてくれてます。         デッドライジングより上行ってると断言できるほどの、アクションとしての完成度と、その臨場感は、もはや映画の中の主人公になったかのよう。アドレナリンがじわじわ湧き出てくるのが、コントローラーを握っていて、感じられた。         紛れもなく超一級品のアクション作品。          とにかく演出が上手で、VSによる、ロボットアクションとしての爽快感は今までの、アーマードコアも真っ青の完成度。         こちらの方が上行っていると断言できます{アーマードコア4はまだやってませんが・・・}。そして最初ミスマッチと思えた、韓国俳優、イ・ビョンホンもしっくり着てます。         武器による攻撃の多彩さとその画面から爆風をも感じそうな、ド迫力の破壊力による演出は、ロストプラネットの売りのひとつになるでしょう。        今までのアクションによる破壊衝動を越える出来だと思います。       脳内破壊カタルシスを十分に出し切ってくれるできで、その満足度は、かつてなかった。                    さすが、デビルメイクライや鬼武者を世に出したカプコンの、能力は、計り知れない・・・世界一だ!!!*******と・・・感動のあまり、印象を並べまくりましたが、冷静になって、具体的な印象を書けるのは次回ということで・・・・今回はその作品のすごさゆえの、迷走状態のインプレッションでごめんといわせてください。とにかくすごすぎ!!総合評価文句なしの位置情報120点全開位置情報!!lost-planet-20060823100438075.jpg
posted by ヒ゜クサック at 06:17| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

ブルードラゴン・衝撃セカンドインプレッション

blue-dragon-20060523093557895.jpgジブラルの街に来てセカンドインプレッションです{ここまで、約11時間くらいかな!}。       ゾラがこのとき仲間になるのですが、この街こそ物語の盛り上がりの、最大のポイントでないかなと思いました。              とにかくゾラの登場シーンが超カッコいい!しびれました。一気にテンション上がりました。それでジブラルの街の展開。          ですが・・・・・ここで日本のRPGの真髄に触れた思いがありました。というのも、ドラクエ、FFから始まったあの、そこらじゅうお構い無しで、探索チェックする行為です。      人の部屋に無断で入って洋服ダンス浴槽、花瓶、棚などを、調べまくる。   これが、たまりません黒ハート・・RPGしてるという実感がわいてきて、最高に楽しかった。          調べても、ほとんど、10キャッシュなんですがたまに、高級アイテムやメダルという貴重アイテムが手に入ったときは、やった〜感がたまりません。       そして、ナッシングというはずれがあるのですが、このジブラルの街でナッシングじいさんに出会った{街の橋のしたにいるよ!}のが究極の探索RPGの爆笑感動を体験!       ナント今まで、チェックした中ではずれが何個かあったのですが、これが、カウントされていたのですむかっ(怒り)。         そして個人的にはそのはずれが300以上あったのだ。そのはずれの数とレアアイテムと交換・・・ゥ〜〜〜ンンしびれる体験、人間って本当に好奇心旺盛なんだと改めて、感じました。         スカでも300回以上しらべていたんだな〜〜!      今、城の中に入ったりしてますが、そこらじゅうの部屋に入って、タンスなど調べまくってる自分が楽しすぎ。       ここにジャパニーズRPGの真髄があると、改めて納得。           そして何といっても鳥山明ワールドが、完全に構築されてるぞ!!         一人一人に話しかけて、こんなに飽きないで、楽しめるゲームは、RPGの古くて最新の完成度{ジブラルの街に全員でおそらく100人近くいるNPCですが、全員に話しかけて、まるでドラゴンボールなどのアニメのキャラに実際話しかけられているようで感動の一言。鳥山ファンなら、ドはまりの世界観。     とにかく隙がなく、楽しくて職人技全開の作品です。     位置情報総合評価120点
posted by ヒ゜クサック at 23:22| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

超期待のロストプラネット・を注文しました。

ついに買うことに決まりです。最高の、アクションとなる予感!インプレッションは近々お届け!
posted by ヒ゜クサック at 08:40| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

ブルードラゴン・ファーストインプレッション

media8.jpgmedia3.jpg約、3時間で序盤のドリルマシーン内部まで着ました。       ここで、ファーストインプレッション。・・・謎も適度で、サクサク進みます。戦闘はオーソドックスだけれど、飽きないつくりで、ストレスゼロの快適さ。       レベル上げが楽しい典型的なRPG.              さすが、FFの親/坂口氏の作品だけあります。            それとドラマとしての映像の見せ方が秀逸。鳥山氏の息が,作品の隅々まで、かかっていて、極上の映像への没入感は、これだけでも、見る価値あり。         完璧な鳥山ワールドが構築されているのが、うれしい{敵に一撃を食らわす、ドラゴンのモーションの、迫力は、ぜひ体験してほしい=何度見ても飽きない!}。      そして、ドラゴン育成の面白さ、とそのやりこみの楽しさは、このゲームの内容を、より深くしているのでゲームとしてのトータルな完成度は、相当なもの・・・・         ファミ通でも9点以上いくレベルで評価されていたことが納得できます。           次の展開が、見たくてついつい時間がたっているのを忘れてしまいます。    これはRPG好きは、見逃すべきでない最高のRPGですね!media7.jpg7.jpg
posted by ヒ゜クサック at 18:35| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このサイトのファンの方々へ!

黒ハートインプレッションを楽しみにしてると思いますが、とりあえずは、予定を報告、位置情報ブルードラゴン{xbox360}が主流で進み、確実に次の候補は、位置情報ロストプラネット{x360}ですね!その次が、位置情報プレイ{x360}・位置情報エルダースクロール4オブリビオン{x360/PS3}・位置情報ギアーズオブウォー{x360}・位置情報モーターストーム{PS3}・そして来年の、春ごろには位置情報ヘブンリーソード{PS3}が待ち構えてます、その次が、位置情報デビルメイクライ4{PS3}かな!?それからPS2からの来年2月ごろに出る、ゴッドオブウォー2ハ絶対はずせません!!。               主に、こんな感じでソフトインプレッションをお届けします。Wiiに関しては、まだ予定立ってませんが、要注目は、やはり、位置情報Wiiスポーツでしょう!!期待して待っていてね。・・・・今のところ、やはりソフトではXbox360が、俄然、有利ですね。・・・PS2の聖剣伝説4はファミ通評価で7点が2個も出ていたのが気になる!          ####   章ごとにレベルが初期値に戻るのが、不評です。RPGで大切な、レベル挙げは、やはり最後まで楽しみなので、章ごとに、ゼロだと、やる気が落ちます。####          そして各機種で出る、位置情報ニードフォースピードカーボンはWiiだと操作性がいまいちで、グラフィックがしょぼく感じる{ゲームキューブレベルだと,ちょっと!}の評価ありです。それでPS3やXbox360より同じソフトにかかわらず1点減点されてました。PS2バージョンにも1点及ばない状態で、機種中最低だったのに驚き。            やはりグラフィックは大きな要素になっているんだよね。      ####     そしてDSで位置情報ドラゴンクエスト9が来年、発売されるらしいですが、これは驚き、・・・・せめてPS2でも出してほしいと思いますが、DSの勢いを感じさせる発表でした。・・・・・こんなところで、近況終わります。手(パー)
posted by ヒ゜クサック at 13:59| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記W | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

キングコング=ピータージャクソン{DVD}を見て!

これは、これで、最高でした。ゲームはゲームで別次元で存在すると見たほうがいい。どちらも、筆舌しがたい感動巨編。イコール・・・ピータージャクソン氏の非凡な才能が伺えます。かれはゲームのほうに創作活動を、変更していくらしいですが、この才能がゲームに開花した時とんでもないレベルのゲームが世の中に出現しそうです。とりあえずは映画ではヘイローが映画化されるとか・・・まだ題名は決まっていませんが、いつかピータージャクソン氏が作ったゲームが出るはず。楽しみです。次世代機とともに歩む新たなゲームクリエーターの一人になるはず。それから、キングコングに出演したナオミワッツという女優が、超素敵ですね!!::キングコングがニューヨークでアン{ナオミワッツ}と出会うシーン・・胸が詰まりました。忘れられない。・・でも別れはくるんだね・・やはり・・・・文明社会がひどく残酷に感じられた・・・都会では、ジャングルのように、あるがままで生きられないコングの嘆きが痛いほどかわいそうだった。動物に優しい愛をください!この演技を自然にこなした、ナオミワッツは、やはりすばらしいそしてコングをこれほどまでに、リアルに情緒豊かに描いたピータージャクソン氏は途方もない才能のある人だと思います。ゲームのジャンルに入ってきてくれることが何か誇らしく思えてしまう。ゲームもやはり、捨てたものじゃないと確信できる事実がかれのゲームへの移行で証明されている!      じゃまたバイ!
posted by ヒ゜クサック at 21:52| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日、ブルードラゴン{xbox360}を注文しました。

レジスタンスの次は、ブルードラゴンのインプレッションをしこしこ書いていきます。よろしくね!
posted by ヒ゜クサック at 16:10| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 次世代機戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レジスタンス{PS3}・クリアインプレッション

928399_111206_screen006.jpgとうとう、今日クリア、最後の戦いは、迫力ありました、そしてキメラの塔が崩壊していく・・・やったな〜。今までも数々のこの手のジャンルをクリアしてきましたが。今回が最高峰でした。というか。PS3の底力を見た思いです。         ヘイロー{Xbox}が、圧倒的な表現力で、度肝を抜かれたのが、今までの最高峰でしたが、このレジスタンスはそれらをはるかに凌駕して、ゲームってこんなに面白かったのかと、ゲームそのものの価値観が変わったといっていいと思います。       映画を見るよりもももっとすごく、過去のゲームとは、比べ物にならないできで、このゲームのすごさは、やってみないとわkらないなと思います。。この表現は、何度もしてきましたが,「本当にすごい!!」としかいえないのが事実。        クリア時間約15時間といったところか!位置情報総合評価120点で、ここから次世代機時代に入ったと断言しても言いすぎでありません。そして、初心者も安心してできる配慮あちこちにありです。とにかく丁寧に作られているのです。ではこれでレジスタンスのゲームのインプレッションを終わります。
posted by ヒ゜クサック at 15:23| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

レジスタンス{PS3}28章インプレッションインプレッション

resistance-fall-of-man-20060914004746222.jpg27章から、28章の一連の、展開が秀逸。ストーカーがバンバン出てきます。武器にランチャー系がないと、苦戦必至!何とか、撃破・・・そして28章へ・・・ここでは、なんと、敵のストーカー{戦車より少し大きいくらいの蜘蛛形ロボット}に乗り込み敵要塞でビッグストーカー{5階建てのビルぐらいの大きさ}とのボスバトル!!5戦目ぐらいにかろうじて撃破!すごいロボット戦でした、隠れながら少しずつHPを削って生きました、隊長の声が敵のパラメーターの様子を語っているのが目安です。「あとすこしだ」が聞こえたら、もう勝利は目前!とにかく倒したぞ・・・そして29章のキメラの塔の最下部から侵入することに。最終戦まであと少し。それにしても、これは、もうゲームの域超えてますね、この臨場感は目が飛び出そうな迫力・・・PS3を買ってよかったと思わせる、すごいゲームがレジスタンスです。次は、クリアインプレッションでお会いします!じゃ!
posted by ヒ゜クサック at 14:42| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

レジスタンス・驚愕インプレッション

resistance-fall-of-man-20061110064422873.jpg26章まで来て、度肝を抜かれっぱなし!25章の戦車で撃退するのが途方もなく、リアルで爽快感がありすぎるできに、言葉がないというのが、現状。        戦車のすごさが、これほどすごいとは・・・・一人称でズーッとクリアしてきて25章のこの戦車でキメラを雑魚のように吹き飛ばす、戦車の砲弾に、あきれるくらいの、感動。今までけして味わえなかった臨場感はPS3のすごさを物語るに、十分なソフトといえます。           これは、まさに戦場そのもの、破片などが実際には当たりませんが、臨場感はまさにそれに近い戦場を表現できています。         これは、ゲームが映画を超えたと実感できる瞬間です。         いくら映画ですごい映像を見せられても、実際に自分で動かして感じる臨場感は、もうPS3のゲームでしか味わえないよな!・・・と確信しました。ロンチでこれだけのことができた、クリエーターたちに脱帽です。ここからそのクリエーターを交えてのレジスタンスの紹介ビデオありますチェックできますグッド(上向き矢印)************このPS3が世界に普通に広まっている時、世界のエンタテインメントの基準が変わっていると思います。
posted by ヒ゜クサック at 18:12| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

レジスタンス・フォールオブマン23章までのインプレッション!

最高!23章まで、楽しんで来ましたが、30章でエンディング、ズーット浸っていたい雰囲気!         よくできていて、既存のFPSとは、比べることできません!       別物・・・ゲームは変わった!         PS3の底力を、感じます、このゲームで。  やってみないとそのすごさを十分に知らせることできないので、PS3で次世代を感じたいならこれしか今のところないでしょう.   グランツーリスモHDもこのレベルでしょうけれども。
posted by ヒ゜クサック at 19:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キングコング{DVD}インプレッション=ピータージャクソン氏紹介

過去ログで、ゲームのキングコングと映画とどちらが面白いかを、調べたいと書いたことがありましたが、ゲームの方を先にやっていたので、比べるのが遅くなりましたが、両方とも。ピータージャクソンの才能が発揮されていて、途方もなく、面白い出来で、言葉がありませんというレベル。ゲームのインプレッションは書いたので、映画の方ですが、・・・・恐竜とのシーンが、ありえないほどの、映像で度肝を抜かれっぱなしで、最新CG技術の進化の完成度が、ここまで来ているのかと見せ付けられた、思いです。リアルの表現が、人工だとは,とても思えない、その表現力に、ピータージャクソンという人の、計り知れない、演出技に脱帽してもしきれないほどのすごさ。それで、キングコングの映画の評価点、ハ・・・120点!決して大げさでなく、過去見た映画の中で最高と断言します。もっと早く見ていてもよかったかも。ロードオブリングのできもすごかったけれど、このキングコングは別格ですね!そういったわけで、ゲームも映画も両方120点ということで、最後にピータージャクソン氏の近況と紹介がてらチェックしてきました。⇒⇒ピーター・ジャクソン監督のコメント ●ゲーム開発について いままで私は映画を撮影するときつねにいくつかのアイデアを持っていて、そのアイデアが具体化したときに映画にしよう、と思ってきました。とくに「これは私が撮影するしかない」と感じたときには、映画の撮影に邁進してきました。ただ、昨年から私の中に”100年まえと同じ方法で映画を撮影していていいのか”という疑問が芽生え始めたんです。正直なところ映画に飽きているのかもしれません。  いままでは映画が公開されるとなれば、すごくワクワクしました。興味のある映画は必ず初日に観に行っていました。だけど、ゲームをプレイするようになって、いまではゲームの発売のほうが楽しみになっている自分に気づいたんです。映画でワクワクすることや感動することが少なくなってしまった。私の中でエンターテインメントの比率がどんどんゲームにシフトしているんです。これはもしかしたら私だけでなく、皆さんもそう思っていることではないでしょうか。これは私がゲームに関わることになった大きなきっかけと言えるでしょう。 ●シナリオについて まずはゲームのアイデアから考えなければならないと思います。構想を考え、外枠を作っていく。キャラクターが何を体験するのか。映画ではだいたい主人公以外の人物も含めて、6から7つのストーリーラインを作っていきます。それから具体的にシナリオを作るときにみんなでディスカッションして展開を絞る。そしてそれをビジュアルに落とし込むという感じです。だから、シナリオについてはゲームだからと言ってスタイルを変える必要はないと思います。  私たちはゲーム開発については素人ですが、ストーリーを作ることにかけてはプロフェッショナル。このスキルがゲームにも活かされると思います。ゲーム、とくにXbox 360はインタラクティブ性が高いところがすばらしいと思っています。だから、たとえば「ここでプレイヤーを怖がらせてほしい」ということであれば、私たちはそれに合わせてシナリオを考えていかなればならないと思いますし、それができると思っています。  我々のストーリーとマイクロソフトのテクノロジーを使って新しいエンターテインメントが生まれるのではないかと自分自身も期待しています。 *********そして過去のかれの映画情報はこちらからチェックぢてくださいかわいいそんなすごい彼がゲームを手がけるのだから、すごいゲームの世界が展開されるはず、今から楽しみです。21世紀は映画よりゲームが主役になるのではないかと予感される、今回のピーータージャクソンの紹介でした。
posted by ヒ゜クサック at 16:52| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新ゲームインプレッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする